RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「キッチュ」第一号掲載作品紹介:読者によって完成される物語

2010.06.17 Thu
 ピアノを弾き続ける、ロボット。 
 
 ピアノ弾きロボ

 その姿を見つめ続ける、姫。

ワガママ姫

 この6ページの読み切り『王宮ピアノ弾きの恋人』が手に届いたときに、「まるで絵本のような、おとぎ話のような」という決まり文句を頭に浮かばせながら、ページ数に入れられる情報量も考えつつ、最初の読者のつもりで読み始めました。

 「姫のお気に入りのピアノ弾きロボットは、王宮に呼ばれると、必ず故障して帰って来ます。職人は王家に気に入られたことで喜びつつも、その原因不明の故障ぶりに戸惑いを隠せない。王宮から抜き出してまで会いに来る幼い姫が、その原因のカギを握っていたのです…。」


 ――マンガという架空の環境を構築するさい、「比較」することで、物語が補足されます。「比較」の手法は千差万別で、登場する人間の性格と温度差などが挙げられます。そして「架空」というのは、一つ現実でなければならないのであり、フィクションという前提のリアルなのだと、考えています。

 2010年日本で公開された映画『アリス・イン・ワンダーランド』では、ファンタジーの世界を、(劇中の)現実世界と並ばせて物語を進行させる手法に注目したい。あくまでも表現者の「千差万別」の一つとして、私個人的に、この作品における物語の「リアルの行方」は明確ではないと考えるのであります。現実と非現実の違いを区別するために、両方取り入れるのはそう珍しいことではありませんが、この作品の場合その境目は非常にきわどく、効果をはたしているのかは疑問を感じます。

 絵画の画面上の明暗や量感などは、同一画面に描かれるモチーフ同士の比較によって生まれるものですが、制作意図によって画の枠外のものを引きこむ場合もあります。ルネ・マグリットの『これはパイプではない』という、(私にとっての)素晴しくも不毛な傑作が、そうであります。

 さて、『王宮ピアノ弾きの恋人』だが、王宮、ピアノを弾くロボット、姫に職人など、諸要素が作品外における現実とのつながりを認められる。それでもこれらによって構築されたこの物語全体そのものが、現実のイメージとは異なる存在になっている、が、しかし、諸要素の組み合わせで物語を再構成するというマンガ表現を見て、それを考えではいけない。例えば『巨人の星』の「大リークボール養成ギプス」を理屈で考えることなぞ、それこそ現実的ではないと言わざるを得ない。

 だがこの作品は、前述のように、全6ページであり、表現の手法によって場合は異なるが、情報量に限りがある。が、しかし、読み返しているうちに、姫はなぜピアノ弾きロボットに好感を持ったのか、職人はなぜピアノ弾きロボットを作ったのか、なぜ、その姿なのか、それぞれの過去はどんなものだったのか、そもそも王宮はなぜピアノ弾きロボットを呼んだのか…などなど、ハラハラして仕方ないのであります。

お心遣いであります☆

 読み方にもよりますが、お二人(?)の関係の行方を考えると、やはり後ろめたさが先走りするのであります。『王宮ピアノ弾きの恋人』の可愛い絵の裏腹に、残酷さの可能性も秘められているのではないかと考えます。ここで私は一人の読者として、「ある意味これは読者によって完成される物語」だと、自分の脳中で偏見による独断をしたのであります。

 「まるで絵本のような、おとぎ話のような」という決まり文句を頭に浮かばせながら……(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第一号作品紹介ページに戻る<




スポンサーサイト
Category:キッチュ第一号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」第一号掲載作品紹介:ファンタジーという名のファンタジー

2010.05.26 Wed
 ファンタジーが大好きなのです。

 描くのが好きで、見るのも好きです。

たまご!?

 現実世界を描くことは、不自由だと言っているわけでは、決してないのですが、ファンタジーは自由である。

 97年に『ビッグコミックスピリッツ創刊』でデビューし、恩田陸氏の『ロミオとロミオは永遠に』の表紙イラストと、本編のイラストレーションを担当し、『京都 虫の目あるき―みちくさスケッチ』という異色絵本を発表したおがわさとし氏が描くファンタジーマンガは、私が見るとっとも自由で、心に残るマンガ作品の一つです。

 いまは主に同人活動をさられている氏が、快く作品依頼を引き受けてくださって、描き下ろししていただいたのはこの『ましかく』です。

誕生!

 不思議な「ましかく」なタマゴと出会った少女パピとお友達だが、彼らの目の前で「ましかく」が孵化し、パピが付けた名前も「ましかく」。世にも不思議な「ましかく鳥」と共に過ごすひと時は瞬く間にすぎてゆき、やがて「ましかく」との別れはやってくる…その先には息をのむような、「静かなる感動」が待っていた。

食いしん坊

 多くのおがわ作品と同じく、ファンタジーでありながら、読む人に迫る「人間らしい」温もりがあふれる作品です。そう、登場人物は人間でろうとなかろうと、その人間像(?)があってこその物語であって、それを奇想天外な要素を加えて初めてファンタジーだと私は考えています。

 作家の本能なのか、氏が描く物語は、見たことのない風景、想像もつかない幻想的な生き物が登場するものの、それはまるで我が家の近所での出来事のように、親近感さえ覚えるものです。

別れ

 ファンタジーは自由でありながら、創るのは容易ではない。描く人間は豊かでなければ、こうして、シンプルだが感動を与えてくれる作品は、生まれることはあるまいのであります。(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第一号作品紹介ページに戻る<




Category:キッチュ第一号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」第一号掲載作品紹介:パリッと美味しい、ホンノリあったかい

2010.05.21 Fri
パリパリ…
 ――毎日のようにオカシを持って、祖母の家を訪ねる少女、その何気ない会話から物語が始まる――

おいしい会話

 あえて専門用語化する必要性に疑問を抱きつつ、今流行りの「二世代住宅」では尚更、「祖父あるいは祖母の家に遊びに行く」という経験を、多くの人は持っているでしょう。そして皮肉にもその生活形態は「古き良き」を求める欲望を生む一因だと、私は思うのであります。

 そう呟く私が、のち「Cookie」で、努力賞を受賞した奈樫(ながし)マユミさんの作品との出会いは、「後々の衝撃」でした。「後々」というのは、悔しいながら数年前に、私は一度奈樫さんのいくつもの作品を素通りしたことが、あるからです。

 そしてその「衝撃」というのは、人生の其々の過程における大事ないくつの時期の断片を、其々の作品で発見できたことです。

 「キッチュ」第一号に掲載させていただいた「おいしいおかし」だが、登場する主人公は十代後半に入る少女で、年齢から見て、ちょうどこれから感性がより研ぎ澄まされる時期でしょう。

 それを、「反抗期」と呼ぶ人もいるだろうが、その一言で片づけるのはあんまりにも短絡的だと考える、また「悩む時期」という言葉で形容するのも、その解釈の範囲の広さに戸惑ってしまうのであります。

少女

 一つの視点として、それは「未知」に対しての反射であり、時には攻撃的になり、時には封鎖的にもなる。それはおそらく外来環境からというよりも、鋭くなる感性と共に成長する肉体――つまり自分自身から自分自身を守るための自己防衛本能による行動だと、私は考えています。

 ともあれ、この段階をいかに過ごすことが、「成長」という言葉にも結び付き、それはたいへんデリケートなシチュエーションであって、多くのモノ作りが表現の目標とする題材でもあります。

 この「おいしいおかし」にはバレーボールや音楽と言った部活の加味がなく、恋愛中心の物語でもないが――それはまるで素朴だが綺麗な、また繊細だが力強い短歌のような――今このような作品を生み出せる作家は、そういないのではないだろうか?

 そして最後の最後に、主人公は「いつものように」祖母の家に足を踏み入れるが、その先には…

その先には

 数年前、奈樫さんの作品の素晴らしさに気づくことができなかったのは、その作品の奥深さ故だったのだ。(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第一号作品紹介ページに戻る<




Category:キッチュ第一号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」第一号掲載作品紹介:目玉焼きが食べにくいマンガ

2010.05.16 Sun
 ワタシの友人で、いろいろ教えてくれた人生の先輩は、鶏肉を食べないと言う。

 その訳を聞きますと、幼い頃家に飼っていたニワトリが産むタマゴが家計を補ってくれた、そのご恩があるからと言います。固くまでこだわっているわけではなく、常に感謝の気持ちを持って人生を歩むことを心がけているんだなと、ワタシなりに解釈した。

 だがこれの場合は違う。

鳥党

 過激愛鳥団体、その名も「鳥党」!

 鶏卵屋を襲い、鶏をさらう、まさに卵屋さんの天敵!

 成員の全員は三人…いや三羽、党首と幹部二人であります――

党首天才っす

 「党首天才っす」だとは、党首の帽子をかぶったインコのすばらしい(?)リーダーシップを表す最高の言葉であります。

 そして彼らに立ち向かうのは、フリーなライブスタイルの用心棒ウェイ。

ウェイのお兄さん

 第42回イキマン賞受賞し、月刊IKKIの2010年4月号で受賞作の『アラーム』のほか、『孤蝶の森』『BIRD IN NURSERY』『みそら』四つの短編作品の掲載によって作家デビューしたムライ氏の作品『バードウィーク』です。

 多くの作家の作風と一線を画する、それも線画を中心とした描写が読む人に程よいインパクトを与えます。「マイナー系」と評する者がいれば、それはまさにいま流通されているマンガ出版物の表現幅を消費者側が主観的に制限を仕掛ける現況の象徴なのではないでしょうか。

 一つの表現はどういう形であれ、伝える「言語」であれば、その存在自体に意味があると考えています。逆に伝える意欲がなければ、どんな表現でも――これも語弊ですが――例え「メジャー」な描き方をしでも、作者個人単位で作品は完結してしまう。自己表現行為を否定しているわけではないのは断るまでもないが、流通する出版物を意識することは、なによりも重要であることを主張したいのであります。

 『バードウィーク』のアジアの雰囲気が漂う舞台での鳥党VSウェイの対立は、温かい雰囲気に包ませられた、どこかで懐かしい気持ちをさせられる関係のように思えます。それでも決着はやって来る。鶏卵屋の用心棒をやめさせるため、なんと鳥党がウェイの友たちのシャオフェイとシャオメイをさらってしまうのだ!

 二人を助けるために鳥党の本部に潜入したウェイも、ついに窮地に陥ってしまう――

飛べないピンチ

 ウェイ達の運命はいかに…!!

 それは、本編を読んでの楽しみ―――(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第一号作品紹介ページに戻る<





Category:キッチュ第一号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」第一号掲載作品紹介:編集者の不在

2010.05.14 Fri
 「キッチュ」の構想段階で、一つ思い悩んだことがありました――責任編集のワタシが、同誌掲載のためのマンガ作品を制作してよいものなのか?

 「キッチュ」はもともとマンガ作品を中心にしつつ、レビュー・エッセイ、場合によって論文までも載せる予定でした。だが自分の交友関係によって、マンガ作品よりも文章の書き手が見つからないのであります。従ってワタシが自ら文章部分の原稿を埋める宿命は、「キッチュ」構想段階から定められていたわけです。

 ここまで来ると、文章の著者でありながら、原稿依頼を含めて、編集者の役割はもちろん、本の構成、さらにデザインを担当することになります。また「キッチュ」の主幹になるマンガ作品は――場合によるが――編集者は必要不可欠な存在という、一つの考え方を持っています。よってその編集者本人がマンガ作品を制作するとなると、ひとつの「編集者の不在」だと思えば、そうだろうと思いました。

 ………ある韓国の名映画監督のエピソードを聞いたことがありますが、ひと時「映画監督をやめる」と宣言した監督が、しばらく立つと、また映画を制作し、発表した。記者会見では、「やめる宣言」についての質問されたのはもちろんのこと、が、それに対して監督は「いやぁ~気が付いたら映画を撮ってましたよ」の一言。

 ある意味会心の一撃で、ついつい納得してしまうのでありました。

 と、言う訳で、このエピソードを勇気の元にして、ワタシも「キッチュ」に向けてマンガ制作に取り組むことにしました。

 万難雑念を排除して、心残りは一つ――責任編集、発行人、文章の著者およびマンガ作者が同じ名前になることです。人間というのは意外と、金輪際になって、細かいことを気にしてしまうものだと、痛感いたしましたが、心機一転、それぞれに、違うペンネームを付けたら良いのではないか?

 そう…「くれたかし」と「鬼山龍宿(りゅうど)」は、同一人物であります。

 また「編集者の不在」をいいことにして、好き勝手に、やらせていただきました――なにを隠そうワタシはパイプスモーカーであります。当然のことパイプそのものが好きです。パイプ製造の技術と素材産地の違い、パイプメーカーの歴史にパイプ作家の作風など、知識のインプットと共に襲いかかってくるのは、世にも恐ろしい占有慾というヤツなのだ。

つまりこういうことです――

comoy-old-bruyere
 ↑このパイプは所謂オールドもののパイプ。イギリス最古のパイプメーカーComoyのOLD BRUYEREというグレードです。製造は推定50年代以降。シンプルなデザインで、無言だが異様な存在感を放つ逸品です。

Poul-Winslow GradeD
 ↑デンマーク有名なパイプ作家Poul Winslow氏の上級グレード、グレードDのパイプです。氏は欧米向けの大柄なパイプをよく作りますが、これは珍しく小さめで使い勝手が良い。

Four-Dot-RusticOom-Paul
 ↑イギリスの名門パイプメーカーSASIENIのオールドものです。Four Dotという同社の最高グレードのRustic仕上げで、現行の製品が比べ物にならないとされるほどのハイクオリティパイプです。Four Dotというグレードのパイプのシェイプ(形)は、ロンドン市内の地名で命名されることで有名ですが、これが例外でOom Paulという、クラッシックシェイプの名前で命名されています。所有するパイプの中で最高の喫味を誇る一本です。

pait main france
 ↑パイプを初めた頃、先達よりいただきましたもので、PAIT MAINという、フランス語では「キマッている男」の意味の言葉が刻印されています。メーカーは不明だがそこそこ美味しいパイプで、大事に使わせていただいております。

 一人多役のためもあって、結果的に作業時間を短縮しざるを得なかった。それにしても、我ながらまぁよくもヤッてしまったもんだと、思うのであります。

 冗談はさっておき、拙作「責任感少女」は物語として極端的なものかもしれませんが、それは「キッチュ」のほかの掲載作品、そして「キッチュ」の装丁そのものと同じように、飾りの部分を極力削り取って、「作品」即ち「作家」そのものをありのままで、お届けできればと思っております。

 数多くの出版物の中での、一つの選択肢として。(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第一号作品紹介ページに戻る<





Category:キッチュ第一号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。