RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「キッチュ」第二号掲載作品紹介:その寒い街に住むその一人

2010.09.20 Mon
私の人生にまだ振り返れるほどのボリュームはありませんが、
大学時代にある編集者が云った一言が、ずっと記憶に残っております。

「編集者が漫画家を育てるって言うのは、とんでもない勘違いなんだ。
すべては漫画家の成就はみんな自分自身の力なんだよ!」と、あります。

私は当時非常に驚きました。

なぜならあの編集者現役時代は
竹宮恵子先生、萩尾望都先生、吉田秋生先生、ささやななえ先生など、
少女マンガの重鎮と共に数多くの傑作をこの世に出して、
少女マンガの歴史を大きく変えた伝説の編集長なのですから。

そしてその言葉の意味どはなんなんのか、
今回の奈樫マユミさんの作品で、ほんの少し理解できたような気がします。


気が付いた時には…

この奈樫マユミさんの作品『黒い雪の降る街』ですが、
実は彼女の大学時代の卒業制作でした。

寒い街に住む一人の女性が、好感を持ち始める男性の、
左手にはめてある結婚指輪に気が付いたところから、
物語が始まります。

朝

人間の感情を繊細かつ大胆に描写する奈樫さんですが、
四年間の集大成という意気込みだったでしょう、
この作品でさらにその威力を見せてくれました。

「雪が黒く見える」という彼女ですが、
それは主人公である彼女が感情変化を表す一つの「感性」であり、
それは「怒り」の一言では形容することが出来ない、
それは繁雑であり、時に憤怒であって、悲しみであって自嘲的でもあります。

それはまさに「黒い雪」でしか、表すことが出来ない。

その理解されない幻想は、まさしく彼女の優しさだと、
私は考えたのであります。


黒く見えない?

全ての人間が、少なからず持っているこの複雑な感情を、
作者が女性としての鋭い目線でとらえ、形にしたのである。

その複雑な心情が、その小さな心のなかで、
時にはわめき声をあげつつゆっくり動いていきます。

その全ては、雪が降る時の街の静かさと同調し、
読んでいる私でさえ呑み込んでいきます。

わたしは…

がしかし、この作品に関して私には一つだけ、気になるところがありました。

その結末である。

最後は彼女は感情の爆発と共に、
物語は唐突に終焉を迎えたかのように見えたのだ。

楽天的すぎるかもしれませんが…
陣腐なハッピーエンドはもちろん望まないが、
この一連の出来事は彼女の人生の一部でありながら、
彼女の「これから」を支える存在にもなってほしいと願ったのです。

そこで、悩みに悩んで、掲載の依頼と共に、
作者である奈樫さんにラストに一ページを追加できませんかと、
頼んでしまったのだった。


そして彼女の目の先には…

作者にとって、この乱暴な申し立てには
戸惑わずにはいられないはずなのですが、
奈樫さんは、快く引き受けてくれました。

私の個人的な視点を押し付けないように、
打ち合わせのなかある程度の保留をしたリクエストを彼女に伝えて、
お願いすることにしました。

私の個人的な願望で、作品の印象そのものを
ひっくり返す結果になり兼ねないことを頼んでしまったが…
どんな「ラスト」が来るのだろうか?

しばらくして、手に届いた原稿に、私は驚いた。


私が想像したどれとも違った、
奈樫さんの独特な解釈でした。

それに繋がるために「元」のラストページに一部のセリフを追加し、
黒い雪から始まって、黒い雪で幕を閉じるのであった。


正解など存在しえないのだが、
私がやったことに対して、
後悔こそしないものの、微かに悔いが残った。

一瞬このラストページ追加の依頼は
思いあがりだったじゃないかとまで、自分を笑った。

その後「キッチュ」制作にあたって、編集の立場の私のあたまの中で、
あの編集者の言葉が何度も響き渡ったのでありました。(呉)

黒い雪

>総合マンガ誌キッチュ第二号作品紹介ページに戻る<



スポンサーサイト
Category:キッチュ第二号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」第二号掲載作品紹介:なぜマンガを描く?

2010.08.31 Tue
見してヨ

私の人生の中で、今のところですが、
二人の編集者との出会いが非常に大きい。


一人は私が大学時代、
誰にも評価されないと思いこんで、
独りで悩んでいた時に、
特になにも特別なことを言ってくれたわけではなく、
ただ会うたびに「どうだ、描いてるか?」と
声かけてくださいました。

そのささやきに不思議な力があって、
私は辞めずに描き続けることができました。


才能は関係ナイ


もう一人は、常にパイプを燻しながら
「でぇ~丈夫だよぉ」という口癖をする
見た眼からして謎めいた人物の編集者です。

「「才能」こそ「狂気」だ」とも、
よく口をしています。


大学を卒業して、大学院に進学して
教授たちとのケンカの毎日を過ごしても、
なにげにマンガを描き続けました。

が、しかし、博士課程に進学してからは、
「マンガをやめる」とキバリ言ってみたものの、
気が付いたらまだ描いていた。
(ちなみに「やめる」宣言をしたら、友人で普段温厚な
漫画家の阿部洋一さんに珍しく怒られました。
「なにバカなこと言ってんのよ」と言ってくれました。)


論文の後半と、編集関係の仕事に手を出したせいもあって、
物理的に絵の密度を落しつつもマンガを描いています。

そんな中、始まって四年ほどになるでしょうか、
私が大学構内に設置した掲示板に、
毎週の月曜日に必ず貼り付ける一ページマンガで
それまで私はなぜマンガを描いているのかについて、
マンガで描いてみました。

それがこの『少年探偵団』です。

――多くの人間と同じように、幼い頃に、
私は妄想を抱いておりました。

それが直角になっているあらゆるものの延長線に
目の見えない「線」が永遠に伸び続けるというものです。

そのためその「線」がある(と思われる)ところに
通ると、必ず手で「線」を括り上げて、
通ることにしていました。


見えない「線」


当然の如く、周りからは変な目で見られていました。
なので周りの目を盗んで、ひそかに
見えない「線」に気を使いつつ、普段生活をしております(笑)

なぜそんなことやるんだろう?
事実上なんの利益をも生み出さないし、
遊びにしても真剣すぎたのでありませんでしたか…?

その思い出(いまでもたまにやるが)は、
もしや私がマンガを辞めないでいる「原理」と
通じるものがあるのではないでしょうか?


デストロワイヤル


ともあれ、約四年間描き続けた掲示板マンガでは、
唯一フィクションのものでした。
他のものは主に日常生活の出来事を
面白おかしく描いたものばかりでした。

全部で6回(1回に2ページ)ある
短編だが、今回も6回分けで、
キッチュ第二号に載せる事にしました。


来たな!怪人マゾ!!


やはり「なぜ」ということについて、
答えは出て来ないものでした。
しかし、だからこそ、「なぜ」を追うことが面白いのではないでしょうか?


と、エラそうなことを言いつつも…

「来たな!怪人マゾ!!」

あそこだけ、描きたかったのかもしれません。(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第二号作品紹介ページに戻る<



Category:キッチュ第二号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」第二号掲載作品紹介:速読、やってみる?

2010.07.26 Mon
 幼い頃に、よく新聞小説を読んでいました。

 元々活字は苦手でしたが、付いているイラストが面白ければ、なんとか読めました。

 そして中学生頃は、香港代表的な小説家金庸(きんよう)の武侠小説を読むようになり、今思えば私の物語作りのペースになっています。だが金庸の小説はどれも壮大なものばかりで、もっとも長い長編は辞書かと思わせるような厚さ五冊のボリュームもあります。

 こういう時は速読ができれば…と思った訳ですがそれを身に付けるには、様々な訓練を受けなくではならない。

 と、これから先はあくまでもマンガの話ですが―――

トレーニング

 今回の物語「変な二人」。主人公原田くんが、不思議な速読少女クラスメイト東堂さんと出会うことで、速読のトレーニングを始めたわけです。

 そして遠すぎずに近すぎない関係だが、二人は速読と触れあいつつも、時々冒険にも出かけるわけです。

 二人の冒険(?)

 作者の土屋光太郎氏本人は穏やかな性格で愛想も良く、会う度にいつも笑顔で声をかけてくれます。私個人的な勘だが、不自然な親切さではない限り、ファッションや人の接し方で自己表現しない人間は、「モノ作り」という人種の匂いがするものです。

 この場合、大当たりでした。彼のこの作品「変な二人」が目に入った瞬間は、不思議と「読まなくては」という気をさせられます。実に淡々とした展開で、作中の二人の日常が描かれるわけですが、それぞれの出来事の間は絶妙で、読む前からの「気になる」という気持ちは、読み終わるまで持続していました。

 そして物語の後半、病で変わり果てた東堂さんを目の前にして、原田くんはどういう気持ちで彼女に接しているのだろうか?

東堂さん
 
 始終ほとんど表情に変化の無いこの二人は、しかしその感情豊かさに驚かせるものがあります。「下手うま」というよく耳にする言葉だは、あくまでも便宜上使われるものだと考えます。私は、それが表現力のある優れた作品に、それを結びつくか否かを考える必要性すら見出せない。

 表現の幅に枠を付けまい努力は、本の編集側、そして読者にも責任があると、言えなくもないかもしれません。

 それでも、この作品を読み終わった後、悩むのであります。

原田くん

 人は作品によって感動されたり、泣いたり笑ったりしますが、それは作品を読んだ人だけが得られる感情であることは言うまでもありません。だが作品に登場する人物たちには、彼らだけの体験があり、それは誰もか介入できないものです。よって読者の感動そのものは身勝手なものではないかと、考えてしまうのであります。

変な二人

 作者の次回作とさらなる活躍の期待を胸に、自信を持って、この作品を勧めたいと思います。

 もちろん読むには速読に苦しむ必要はありません。(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第二号作品紹介ページに戻る<



Category:キッチュ第二号 | Comment(-) | Trackback(1) | top↑ |

「キッチュ」第二号作品紹介:ココロに突き刺さるトゲ

2010.07.11 Sun
トゲ

 数か月前、私は映画館で荻原浩小説原作、榊英雄監督作品『誘拐ラプソディー』を鑑賞していました。

 哀川翔、高橋克典、YOUのほかに個性派俳優の笹野高史、ベンガル、寺島進、菅田俊、木下ほうかなど、さらにドラマの帝王と呼ばれる船越英一郎という、たいへんなメンバーが出演しているが、出演者の事件で公開することすら危うい事態に追い込まれた数奇な運命を定められた映画です。

 監督本人の代役で、ようやく公開されることになったが、ロングランには至らなかった。それでも個人的に、原作の解釈や、画面の切り替え、カメラワークなどに素晴しいセンスを感じます。いま表で謳われる日本映画の「大作」と異なって、膨大な予算ならぬ、表現の水準で映画の質を高める志向を思わせる、隠れた名作と言って差し支えはない作品でしょう。

 この映画と競作の形で出版されたのは、同作でデビューを飾った漫画家・浜口今日子さんの単行本『誘拐ラプソディー』であります。

 原作に忠実しつつも、自分なりの解釈で物語をアレンジし、特に映画に登場しなかった中国系マフィアの描写が印象的で、所々ユーモアを溢れるシーンを見かけつつも、シリアスな部分を大事にしている。まさに「笑いあり涙あり」という言葉に相応しく、映画と同様、素晴しいセンスを感じさせる作品です。 

 そんな彼女の作品を、「キッチュ」に載せていただくことになりました――浜口今日子さん作『トゲ』です。


ダークサイト
 
 初めはささいな「痛み」だが、その増大に伴い、少年の精神は彷徨ってしまう。程度は異なるが、誰もか経験するであろう感情だ。

最初は――

 重ねる痛み…少年はそこから「危機」感じ取りつつも、彷徨い続けるしか、ないのか。そこで少年はある「精神体」と出会うことで、初めて行動を起こす決意をする。

血が止まる


 そしてやがて分水嶺がやって来る…




少年は…

 ここまで来たら、この作品を読まずともその結末を想像するのは容易い…かもしれない。がしかし、それは決して軽々しくとらえられてはいけない。私はこの作品と出会うことによって、それに改めて、重く強く、ココロを打たれることになりました。

 それはいかなるものなのか、是非読者に「キッチュ」第二号で、ご自身の目で確かめていただきたい。それが異色漫画家浜口今日子の『トゲ』である。(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第二号作品紹介ページに戻る<



Category:キッチュ第二号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」第二号作品紹介:狂気を生む狂気

2010.07.04 Sun
 『ガロ』作家ひさうちみちお先生と出会ったのは、数年前のことでした。

 不勉強な私は、社会風刺や古典を元に「アート」と思わせるマンガ表現で、数多くの傑作を世に出した先生のことを知らなかったのであります。その普段言葉による自己主張をしない姿勢そして、モノ作りの独特な雰囲気にたいへんな魅力を感じつつも、その作品を知らなかったのであります。

 その後手に入れた最初のひさうち作品は、『大快楽』で掲載された作品を多く収録した作品集『罪と罰』であった。強烈すぎるひさうちワールドデビューだった。

創世記第38章

 今回の依頼を快く応じていただき、描いてくださったのはこの『創世記第38章』であります。

 聖書を始め多くの古文書に、聖人や罪人達の生老病死を淡々と書かれていた。それらを読む度に、ナルホドと、これだからこうなったのか、と、書かれた「結果」に感心するものの、のち振り返ってみれば、それに至るまでの「過程」はとんでもないものだったりします。

 私の場合、これらの古典を作品化しようと、その物語再構成する時に、つくづくそのとんでもない「過程」に悩まされてしまうのであります。

我が子に与えよう

 だが同じ古典をひさうち作品で再現された時に、不思議ととんでもない展開でありながら、まったく違和感を感じない。原典を読む時のナルホドは、ヴィジュアルになって―それも恐ろしく冷静なものに―読んでいると良い意味で「これはないだろう」と思いつつ、それに圧倒され、受け入れるのであります。

羊の毛を切りに

 ソレはまるで静かなる狂気というべきものが、読者に襲いかかってくる勢いであった。さらにオソロシイことに、時々これらの作品に、笑いを誘われるのであります。作品が読者を気づかないうちに呑み込んでしまい、それが(作者の)狂気が(読者の)狂気を生むプロセスにさえ思えてしまうのであります。

焼いてしまえ

 ある日の、酒の席で、私がひさうち先生にある質問をした。

 「先生の『ヨセフ』の最後のコマ、殺された親子ですが、あれってマリアだったんですか、それとも別人だったんですか?」

 先生が答える前に、同じ席にいたベテランマンガ編集者のK氏が、「ゴ~ちゃんよぉ~よりによってひさうち先生にそんな学者さんをぶった質問をしちゃっダメだよぉ~」と、パイプを燻しながら口を挟んできた。


 はっ…!まったく持って、その通りでございました、ハイ。(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第二号作品紹介ページに戻る<




Category:キッチュ第二号 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。