RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

嗚呼さされざる我が命の輸送線

2012.06.29 Fri
 わたしは注射が大の苦手であります。

 痛みは原因の一つではあるけれど、なによりも刺されるそのカンカク、鋭いなにかに体を侵入されてくることを、想像するだけでも気を失いそうであります。

 幼い頃もっとも打たれるのはおそらく皮下注射、ようするに肉に打つ注射とのことでしょうか、わりと痛い。

 小学校のころそれがイヤで病院で大暴れした記憶があります。


 同じ注射でも、点滴のほうが、実は痛くないのだと、肉を刺されることを嫌う幼い頃のわたしの認識のひとつですが、まあそれは、辛い物を食べた後、熱い飲み物を飲むと余計辛く感じることを発見した時、我ながら「大発見だ」と大喜びしたのと同じくらいです。

 とのみち注射に変わりはありませんので、ただの気休めだったのでしょう。


 でもたしかに、点滴のほうが、痛く感じないかもしれない、とゆうよりも痛いのは最初だけでしょう。


 こうしてあんなことやこんなことを考えながら、39℃の熱を発して、病室で「ひ~ひ~」ゆうておったわけです。


 肺炎である


 入院したのは、今から約一週間前です。

 人が病気になる時、わたしの場合、なにも考える余裕がありません。


 そして入院したのは、兵役が終えた約一週間後ではありますが、病床の上で過ぎたばかりの軍隊生活の記憶を懐かしむ余裕は、まったくない、ひたすら抗生物質の点滴を打たれるだけです。

 でも思えば、去年の6月28日に軍に入ったのは覚えている、訓練センターで少しずつ体を鍛えられていくことが、楽しみでした。一ヵ月間の訓練期間で、10数キロも痩せたのであります。

 このまま兵役を全うすると、健康になって、スリムになるであろうと毎日ウキウキしておりました。


 そして訓練を終え、いよいよ所属単位を決める抽選の日がやってくる、引いたのは台湾でもっとも特殊な単位、行政院海岸巡防署の南部地区巡防局でした――


 それは日本の海上保安庁に相当する部署で、台湾全国の港と海辺に存在する拠点に配属され、全ての船を記録、管理するのが主な仕事。

 軍の単位でありながら、警察の責任も持たされる、そして24時間活動しているので、軍の訓練より業務のほうに重点を置かれているのであります。

 どんな仕事をやっているかと言いますと、まず入港する全ての船に船内検査を行うのが基本、そして全ての船の航路を記録し、また漁民が出港する際の許可をも行う…主にそうですが、海上事故の救助、または拠点の範囲内例えば民間人が海に落ちた場合その救助、または土佐衛門の処理などなど…

 あんまりにも特殊なので、「軍ではない」とメディアに間違えられるのもしばしば。


 なにはともあれ、24時間活動している単位なので、当然生活習慣は悪い、ストレスも大きい、そこはわたしの出番である。

 わたしは配属される単位の心輔志工、言わば軍の中のカウンセラーであります。


 毎日主な仕事は、一線の単位に電話をかけ、時々グチを聞いたり、時々励ましたり…



 軍隊とはなんだろうか?


 根性鍛えろと、自衛隊に入れと年老いた議員に叫ぶ政治家もいるけれど、まぁそれは置いといて、わたしに言わせてみれば、徴兵はある種人生の逆境だと考えています。


 わたしは30才になってから入隊したので、当然様々な活動を一旦停止し、一年間軍隊で与えられる役目を果たさなければならなりません。

 ポジティブに考えるならば(手塚治虫せんせいや水木しげるせんせいのような戦争体験をしたいわけではありませんが)軍に入ることによって、他にない体験をできるのであります、それが我が人生の糧になるのであります。


 しかしながら、同じく徴兵される他の同僚は、兵役についての考え方はさまざまでした、わたしと同じく経験をしたいとゆう人はいるし、友達を作りたいとゆう人もいる、どうせ、徴兵ですから、と。


 もう一つ(失礼ながら)厄介なのは、「軍隊なんで時間の無駄である」とゆう人なのであります。


 なんの変哲のないある日の昼、わたしはいつものように、食堂で同僚のお弁当を用意しているが、そこで、仕事場にいるはずの同僚が現れて「弁当はいいからこっち来い」と言った。


 最初は冗談かと思ったが、どうやら本当に緊急事態だったらしい。


 ある拠点の兵士が、腕を切った、とのことでした。

 どわ!

 わたしの直属長官である心輔官がちょうどいない、前心輔官とわたしの二人が、現場を向かった。


 拠点の一階の外にある広い階段に、何枚かの布団が敷かれてある、兵士が二階から飛び降りるかもしれないからであります。

 部屋に入ると、体が震えながら、泣きが止まらない一人が、座っておった。


 わたしは、なにも言えませんでしたが、前心輔官がゆっくり時間をかけて、本人に自発的に病院までついてもらって、手当を受けさせたのであります。



 人それぞれの悩みがあり、それもそれぞれの人生観や考え方から来ています、彼には「兵役は人生の無駄」という思いはどうも強かったのが、今回の事件の原因でした。

 わたしも含めて、多くの人々と長官が彼に「人生に無駄がなく、全ては糧になる」という考え方を説いて、少なくともわたしが除隊するまで彼は大事無く過ごしているのであります。


 カウンセラーをやってこの一年間、一線の多くの人々にストレス解消方法を説いたり、軍隊生活のアドバイスをやってまいりました。


 戦々恐々であります。


 そして兵役が終わってみれば、実は終わった感じがしませんでした。

 考える暇もなく、一週間後肺炎にかかってしまったのであります。


 その後一週間ほど入院し、一日数回抗生物質を点滴で注射する治療をしてもらっていました。

 何回も刺し直すことなく注射するために、血管に針を刺したままの入院生活でした…しかし皮肉なことに自分の回復能力が高く(あるいは血液がドロドロからなのか)針先端が固まった血液でふさがれることが多いため、その場合針を刺し直されるのであります。

 そして一年間の軍隊生活は逆に業務職で一日12時間デスクにいるので運動不足になり、12キロも太り、加えて血管が細く見付けにくく、それが見つかるのに何回も何回も刺されてしまいます。


 多い時一日10数回もさされてしまいます。


 次第わたしは看護婦さんのあいだでは「血管が見付けにくい男」として有名になり、毎回ペデランの看護婦さんが「刺してくれる」ようになります。


 さてなぜ血管がそんなに見付けにくいのか、運動不足を将来解消せねばならない…そもそもなぜ肺炎になったのか…それ以上のことは考えられず、横になって一週間。


 27日にようやく退院したのであります、まだ完治したわけじゃぁありません。


 健康は大事です、運動も大事です、兵役の経験も大事で、自傷行為に走らず命を冷静に考えることも大事です、世の中無駄なこと一つもない、全てが大事です。


 大事な大事なこと、それはわたしの生き方、その一言に尽きます、つまりそれは「我がこだわりは、こだわらないことである」のであります。

 苦難に遭ったわけではなく、(太ったのが残念でしたが)軍隊で一年間ほかにない経験をした。

 良い経験とは言えないし悪い経験でもない、しかしそれが人生の一部であることは確かであり、それもわたしだけのものであります。


 あと数年で台湾の兵役はなくなり、募兵制になります、良いも悪いも、皆人生であります。

 ここでこれ以上語ることも、ないような気がします。



 うふふであります。


ブログ内関連記事:


三十路の徴兵日記:帰国と身体検査と

三十路の徴兵日記:抽選

三十路の徴兵日記:あっという間に時間が過ぎる

三十路の徴兵日記:訓練終了

三十路の徴兵日記:海の仕事

三十路の徴兵日記:軍隊生活と海の向こうの魂のギター

三十路の徴兵日記:数か月が立って今は

三十路の徴兵日記:おまんじゅうを数える

三十路の徴兵日記:選挙とカウンセラーと旧正月と

三十路の徴兵日記:アルセーヌとホームズ

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(上)

三十路の徴兵日記:人生の過客

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(下)


総合マンガ誌「キッチュ」

スポンサーサイト
Category:三十路の徴兵日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

海賊と駐在さんとメジャーリーガー(下)

2012.06.09 Sat
 友情、努力そして勝利

 それは人生における、ひとつ理想的な条件、過程そして結果であると、わたしは思う。ジャンプマンガの初期キーワードだったこの三つの言葉が、今やジャンプのマンガに限らず、多くのマンガにも要素として取り入れられているように思えます。

 日本人にとっての日本人メジャーリーガーと同じように、台湾人メジャーリーガーも、台湾の人々の応援の対象になっており、当然の如く、です。健康食品あるいは薬品が「アメリカ認証」あるいは「ヨーロッパでも大人気」などの売り文句によって、アジアの人々に歓迎されるのと同じではないかと言えば、偏屈者の発言になるでしょうが、思えば逆に欧米では米食やタタミが大変健康にヨロシイ東洋の神秘に対しての評判も同じことだと、言ってみたり。

 決してアジア人は媚外的だと言っている訳ではない(あるとしてもお互い様ですが)、まず人はモノではないし、異郷で様々なハンディを克服し成果を上げることに、ロマンを感じて、共感するのだと思います。


 さて日本の野球アニメ「メジャー」の話になりますが、ここ最近台湾では夕方のアニメゴールデンタイムで放送され、まずまずの視聴率を獲得している日本アニメのひとつであります。

 主人公の少年から青年の成長ぶりそして、多くの野球仲間(またはライバル)に囲まれ、いっしょうけんめい努力し、ついにメジャーリーガーになるとゆう過程…これらがたまらなくて面白い。

 そのほかに、思うには、野球の本場であるメジャーリーグに、アジア人が参入することがいかに難しいのかという背景に、主人公が達成したことにロマンがある……例えば相撲に参入する外国人、あるいは日本のマンガ雑誌で連載する外国人作家…同工異曲の妙、と言ったらやぁやぁ乱暴かもしれませんが。


 なにはともあれ、台湾のテレビで「メジャー」を楽しみながら、一つ思い出した…実はわたくしの世代の台湾人に、巨人ファンが多いのだ。

 それは、アニメの影響であると、振り返って思うのでありますが。

 ここで思い出したが、日本にいた頃、近所の定食屋さんでおじさんたちが集まって店の野球中継を見て巨人を応援したの対して「ここは京都(関西)だから、阪神ファンが多いんじゃないか」と無神経な質問を口に走ったが、「昔は巨人の試合のほうがよく放送されたので、見ているうちに皆巨人ファンになったんだヨ」とご親切に心優しいおじさんの一人が教えてくれました。

 なるほど思えば12年前私が京都に来たばかりの時、京都の地方テレビしか見れず、よって阪神の試合ばかり見ているうちに、阪神ファンになったわけです。

 それでもなぜ台湾で「メジャー」は面白がられるのか…


 つい最近までの午後6時頃には連日、わたくしは終わりの見えない事務をやりながら、事務室のテレビで流されるこの日本人が活躍する野球アニメをちらりちらりと見て、同じ部屋にいる同僚たちと面白がっていた、もちろんチャンネルを変える権利はわたくしには、にゃい。



 つまるところ、「メジャー」が、いや、アニメが、面白いからですよ、うふふ…


ブログ内関連記事:
三十路の徴兵日記:帰国と身体検査と

三十路の徴兵日記:抽選

三十路の徴兵日記:あっという間に時間が過ぎる

三十路の徴兵日記:訓練終了

三十路の徴兵日記:海の仕事

三十路の徴兵日記:軍隊生活と海の向こうの魂のギター

三十路の徴兵日記:数か月が立って今は

三十路の徴兵日記:おまんじゅうを数える

三十路の徴兵日記:選挙とカウンセラーと旧正月と

三十路の徴兵日記:アルセーヌとホームズ

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(上)

三十路の徴兵日記:人生の過客

三十路の徴兵日記:嗚呼さされざる我が命の輸送線


総合マンガ誌「キッチュ」

Category:三十路の徴兵日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

人生の過客

2012.05.28 Mon
 大変でした、私の役期が残り十日間もありませんが、この5月にいろんなことがあっては大変でした。

 細かい説明は省いて、まず私のあと私の職を就く者が、見つからない現状であります。

 わたしのが務めるのは、カウンセラーと言いますが、兵役に来られる皆さんが、自らの意思で軍に入ったわけではないので、さまざまな悩みを抱えているのであります…なかにもプレッシャーに弱い方がいらっしゃるので、彼らの話を聞くのが主な仕事になる訳です。

 しかしはなしを聞きますけれど、結局それぞれのプレッシャーはそれぞれ自分自身で乗り越えるしか、ありません、わたくしも、含めてです。

 よって一線で頑張っているいわゆる兵士さん達はたいへん苦労しておやれるが、自分で言うのもあれなんですが、カウンセラーも楽な仕事ではありましぇん、なかなか大変なんで、その後に就く者を選ぶのも、慎重になるわけで、ここ最近適した人選を、私の長官がまだ見つけられぬのであります。


 つまり自分が6月6日で除隊するので、の頃僅かの時間のなか、次の者を探すのが、長官のプレッシャーになるのであります。

 それはそうと、それと関係なく、私は軍を離れるのですが、いまはもう軍のお仕事からは日本に戻る準備やキッチュの復活号に重心を移してゆく真っ最中、その間も、軍の中のあやゆる生活や記憶を反芻して行く…悩む兵士がいれば精神の強い兵士もいる、様々な悩み相談に遭遇して、なかでは自殺を図る人もいた。当時は大変だったが、思えば、いまや台湾の兵役は一年間しかありません、入ってくる人は一年足らずでまた出て行くので、皆過客にすぎないのである。

 そしてその過客の一人である私も、そろそろ出て行くのだが、今度更新する際は前回の「下」の次が、「三十路の徴兵日記」最後の更新になることでしょう。

ブログ内関連記事:

三十路の徴兵日記:帰国と身体検査と

三十路の徴兵日記:抽選

三十路の徴兵日記:あっという間に時間が過ぎる

三十路の徴兵日記:訓練終了

三十路の徴兵日記:海の仕事

三十路の徴兵日記:軍隊生活と海の向こうの魂のギター

三十路の徴兵日記:数か月が立って今は

三十路の徴兵日記:おまんじゅうを数える

三十路の徴兵日記:選挙とカウンセラーと旧正月と

三十路の徴兵日記:アルセーヌとホームズ

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(上)

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(下)

三十路の徴兵日記:嗚呼さされざる我が命の輸送線

総合マンガ誌「キッチュ」

Category:三十路の徴兵日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

海賊と駐在さんとメジャーリーガー(上)

2012.04.08 Sun
 6月28日は軍訓練センターに入った日である。

 日本でマンガ編集に携わっていたと聞いたトタン、ほとんどの長官や同僚から先ず「日本のAVは凄いね、あれってホンマ??」から会話が始まり、次に聞かれるのは…

「尾田栄一郎さんと知り合いか?」

 知り合いにジャンプ系の作家はいるものの、自分は尾田氏とまったく繋がりがないので、残念ながら知りません


 念のため断っておくが、そういう会話になるのは台湾人がその両者を一緒にしたわけではなく、AV女優と麦わらの一味がたまたまそれぞれのジャンルで台湾の人々の日常に浸透したちゅうことだと、思う。

 私の友人にエロマンガ誌の編集者がいるので、彼にとって興味深い話やもしれんが。

 
 とここで一つ台湾マンガ業界の豆知識―――およそ十年ほど前に、当時「大然文化」とゆう台湾の大手マンガ出版社が倒産してしまい、それによって台湾の出版業界が再編されたのであります。

 わたしが日本にいるあいだの出来事だったので、詳しい原因は知りませんが、本屋さん経営の友人からは台湾人口数(つまり消費者)がそれほど多くないにもかかわらず、会社が市場読みに誤ったのが原因の一つだったのではないかと、言われたわけです。

 つまり台湾の人口に見合った市場モデルをうまく作れず、そのうえ売れそうにない作品を大量に刷ったり、人気作品をたくさん刷らなかったり、結果経営失敗になったわけですが…裏でまた別の説があって、その信憑性に責任を持てないので敢えてここで取り上げないでおく。


 それはそれで、結果生き残ったのは同じく台湾大手で、「大然文化」のライバルだった「東立」なのであります。


 さて『ワンピース』の台湾版発行権利は元々「大然文化」が持っていたのが、業界再編の後「東立」が持つようになった、そこで面白い問題が起きた、『ワンピース』の台湾訳は『海賊王』だったが、版権問題(!?)で同じ題名を使ってはイカンとゆうことで、あえなく『航海王』になったわけです。

 それところが、中の人物の名前もぜ~~んぶ替えなければならなかった、モチロン、版権問題でネ

 当時の『海賊王』ファンにとってさぞ迷惑な話だったでしょうが、まぁ慣れれば『航海王』も悪くないし、「海賊」たちは確かに「航海」しているから、間違っているとも言えんでしょう。


 日本での発行部数を見れば、『航海王』の人気は意外じゃないと言えばそうだが、ここ数カ月、あの不死身の駐在さんのアニメが「ギャフン」と言わせんと台湾で驚くべきスピードで人気を上げていくのであります。


 あのフリーザさまのビームを浴びてなお死なず、しまいにはボロボロの服も元に戻っちゃう不死身の警察官、両津勘吉である…!!


 思えば『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の歴史は長い、ウィキ先生によると1976年からの連載で、1980年ゲームのCMとして初のアニメ化、1981年生まれのわたくしめよりもどちらも古い!

 そうわたくしはまだまだ若いちゅうこっだ。


 しかし20年近く歴史のあるアニメがなぜ今更?という疑問もあるのですが、言うだけに後の祭りとゆうのが承知の上で、えらそうに言わせていただけると…つまり…

 今の台湾のテレビでなんとなく見れちゃうからなんじゃないかと…

 研究者ぼいことを書こうにも書けない…とゆう訳ではないが、なんとなく見れるとゆうのは途轍もなく大事なことなのであります。

 また両津の吹き替えは北京語と台湾語(台湾の方言)が混じっているのも、よりコミカルな演出で人気獲得に一役買っているでしょう。

 しかし自分が日本にいる間でも、本当はテレビ見るのが嫌いですが、映画と「こち亀」だけが、なんとなく見れちゃうのだ、このなんとなくは、ものつくりにとって永遠の課題にして謎なのでありましょう。


 そしてもぉ一つ、台湾のお茶の間でジワリジワリ人気が上がってきているのは週刊少年サンディの『MAJOR』を原作にしたアニメ『メジャー』なのである…(つづく)


ブログ内関連記事:

三十路の徴兵日記:帰国と身体検査と

三十路の徴兵日記:抽選

三十路の徴兵日記:あっという間に時間が過ぎる

三十路の徴兵日記:訓練終了

三十路の徴兵日記:海の仕事

三十路の徴兵日記:軍隊生活と海の向こうの魂のギター

三十路の徴兵日記:数か月が立って今は

三十路の徴兵日記:おまんじゅうを数える

三十路の徴兵日記:選挙とカウンセラーと旧正月と

三十路の徴兵日記:アルセーヌとホームズ

三十路の徴兵日記:人生の過客

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(下)

三十路の徴兵日記:嗚呼さされざる我が命の輸送線

総合マンガ誌「キッチュ」


Category:三十路の徴兵日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アルセーヌとホームズ

2012.03.17 Sat
6月6日は、兵役の終わる日である。

 いまは今月二回目の休暇で家にいるわけですが、ほとんどの時間を読書についやしておりました。


 去年の8月に正式に配属単位されて以来、中国語入力で大量の文書を制作することが日課になったわけです。

 動詞と名詞の配置が逆であることは中国語と日本語の文法上もっとも大きな違いです。

 例えば「やきめしをムシャムシャ喰らう」「喰う、ムシャムシャで、やきめしを」になるわけです。なにもやきめしをムシャムシャ喰わなくでも良いのですが、それを語る場合手順が異なるのである。

 ともあれ毎日文書の作成に悪戦苦闘であります、それでもそれを改善するためにに中国語を読もうと思ったのは文書作りに励み始めてからやく七か月後の今月はなのであります。

 それでも今風の小説あるいはエッセイがイヤで、父の本棚にある辞書並み厚い旧い小説を読み出したのであります――パイプスモーキングと読書はベストコンビなので、パイプを吸う自分にとって分厚い本の存在は時々喜ばしいことです。


 さてまず手を出したのは『アルセーヌ・ルパン全集』である。

 「アルセーヌ・ルパン」の中国語訳は「亜森羅蘋」である。

 同じく読みで漢字を当てはまる訳ではあるが、「亜森羅蘋」は「アサン・ロピン」と読むのであり、面白いことに表紙は『亜森羅蘋全集』と書いてあるのに、中身は「羅賓(ロビン)」と訳されています。

 それはともかく、ここで告白しなくではならないのは、この本を「再び」読むまでに、日本で言う怪盗「アルセーヌ・ルパン」は台湾で認識されている劇盗「亜森羅蘋」とは同一人物であることを知らなんだ。


 「ただ不勉強だから知らなかったじゃあるまいか?」という指摘を反論するために「訳の仕方の違い」とイイワケを言うのではにゃい。そのため私が「再び読む」と書いたことに注目してほしい、今回読んでいるうちに、微かな記憶が我が遠い幼い頃の思い出から浮かび上がってきたのであります。

 つまり前一度この分厚い辞書のような小説をおそらく小学生頃に、父の本棚から取り出して、読んだのである。

 それはともかく、アルセーヌは紳士であり、特に女性に優しく、一人の女性に惚れるとそのために知恵を絞ってどんな無理難題あるいは事故事件の真相をも解決してしまう、とゆうのはそれを「再び」読んだ私の印象である。


 そしてなんとファンタステック――決して非現実的な意味ではなく――な小説作品で、読み終わった後の爽快感は炎天下の生ビールそのものだと感じます。

 3月あたま頃にあった四日間の休暇はルパン三昧で終わったのである。


 そして3月中旬のこの四日間の休暇は、『亜森羅蘋全集』と隣にある、同じく物理的な重さに相当殺傷力のありそうな分厚い本『福爾摩斯全集』を取り出した。

 この「福爾摩斯」は、あの「ホームズ」のことであり、「フルモス(!?)」と読むべきか。

 アルセーヌと逆に日本語訳のほうか簡略化されている、しかし「Holmes」を「フルモス」と読むのはなんとも筋の通らない話だと、台湾人の私も思う、が、しかし、「福爾摩斯」と言う名前、やったら複雑な漢字で組み立てられていて、なんとも頭良さそうな名前ではなかろうか?

 それにアンティーク調である、日本老舗のパイプメーカー「ローランド」が創刊した情報誌『楼蘭土(ろうらんど)』を思い出すのである。


 そして三日間費して、いよいよ昨日の夜、この『福爾摩斯全集』を一通り読み終わったのである。


 感想としては「福爾摩斯」さん偏屈な人である。困難が好きで安楽を嫌う、覚せい剤とタバコの愛用者、女性嫌いで個人主義、感情的ではあるものの、それは表に現さずに…私がある機会でマンガ作品『ヒストリエ』の1500字前後のレビューを書かせて頂いたことがあるのだが、そのなかで「ヒーローの条件は感情の欠落」と書きました。

 それと近い意味で、「福爾摩斯」もまた人格の欠落者なのではないかと思ってしまう。


 要するに変人である。


 そこは、ある種憧れのようなもので、、なんとも興味深い。


 …この数日間、本読んでばかりではない。

 一昨日、高雄市内で見付けたパイプタバコの店を訪れた。

 主にお酒を売っている店ですが、パイプタバコの品揃えも良い。


 私は着香系のものも、非着香のものも好きですが、両方ストックあって、非着香のものがなくなりそうであります。

 兎に角「非着香のものなにかないか」と店主に聞いたところ、デンマークのLarsen社の「ブラック・ダイヤモンド」が良いですよと、勧められたわけです。

 この「ブラック・ダイヤモンド」は日本では輸入されていないらしく、吸ったことがないが、とりあえず他の客の評判が良いので購入したのである。

 家でまずドライヤーで金属箱を温めて表面のエゲツナイ警告シールを剥がして中身のタバコを開封したら、甘いアロマがフワ~と漂ってきた。


 Larsen社得意の着香であります。

 が~~~~~~ん

 店主はおそらく、パイプを吸っていないのでは、ないだろうか。

 そこは人格の欠落者に成りきって、聊かなげんなりを捨てて、吸うことにしよう。

 そして今日の夕方、また軍に戻ります。


 今度の休暇は3月末である。



ブログ内関連記事:

三十路の徴兵日記:帰国と身体検査と

三十路の徴兵日記:抽選

三十路の徴兵日記:あっという間に時間が過ぎる

三十路の徴兵日記:訓練終了

三十路の徴兵日記:海の仕事

三十路の徴兵日記:軍隊生活と海の向こうの魂のギター

三十路の徴兵日記:数か月が立って今は

三十路の徴兵日記:おまんじゅうを数える

三十路の徴兵日記:選挙とカウンセラーと旧正月と

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(上)

三十路の徴兵日記:人生の過客

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(下)

三十路の徴兵日記:嗚呼さされざる我が命の輸送線

総合マンガ誌「キッチュ」


Category:三十路の徴兵日記 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。