RSS|archives|admin

「キッチュ」第六号掲載作品紹介:おがわさとし『パピリオと死体泥棒 第二回』

2014.11.24 Mon
「パピリオ 君の死体が 盗まれた」

2A-1.jpg

 ささやきを頼りに暗闇のなかですすむパピリオを待ち受けていたのは、昼間「ゲーム」のなかで戦った三人だった・・・

2A-2.jpg

 おがわさとし氏書き下ろし連載第二話、長さ33ページの『パピリオと死体泥棒 第二回』です!

 竹熊健太郎氏の電脳マヴォでデビュー作『水の下の千の夢』を再公開して以来話題沸騰のおがわさとし氏は、穏やか尚且つ緻密な組立によるドラマがとても特徴的で、作品の作りはとにかく丁寧です。

 一方語弊ながらついつい「癒し系」というふうに他人に作品を紹介したい衝動を働かせながら、作品の何処かでが潜んでいるように感じます。

2A-3.jpg

 ゲームの世界でゆっくり進行する天変地異、盗まれたアバター(自分)の死体

 「パピリオならこの謎を解けられる」

 そう言うゲームの世界の子河童ジェラールはパピリオの親友のはずが、その様子もオカシイ…

 ゆったりに見える空間に、異様な死の匂いが漂う、おがわさとし連載作品第二弾、是非本編でお楽しみください!(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第六号作品紹介ページに戻る<



スポンサーサイト


Category:キッチュ第六号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「キッチュ」第六号掲載作品紹介:あらむきちの『わたりうたとこども』 | HOME | 「キッチュ」第六号掲載作品紹介:ひらまつつとむ『錬金妖医パラケルスス』>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/114-697f38ce