RSS|archives|admin

「キッチュ」第六号掲載作品紹介:夏目ジャネ子『誰もおまえなんか見てねえよ!』

2014.12.16 Tue
 時には作品が先で、時には本人が先…ともあれ「面白いマンガを描く人がいるんですよ」と、友人の漫画家に紹介された、夏目ジャネ子氏との出会いでした。

 独特な雰囲気だが、優しくて人当たりがよい夏目氏、しかしまさかその作品を目にした時、あれほどの衝撃を受けるとは、思わなかった…!

 それがこの全16ページの読み切り作品『誰もおまえなんか見てねえよ!』であります!!!

10A-1.jpg

 其ノ一:優れた短編が描ければ、素晴らしい長編も描ける、という、私の最初の恩師で近代の少女漫画の発展に大きく寄与し、引退された編集者Y氏から教わった言葉を思い出して、ここでたった16ページで――決して複雑な内容ではないにも関わらず――登場人物たちの出会いと心情描写におけるボリュームはたいへんなもので、まず驚きました。

10A-22.jpg

 其ノ二:作家の命は狂気である、という、私の二人目の師匠で、60~80年代有害図書運動の当たり風を受けつつ常に作家の自由な創作環境に力を注いできた、今やフリーで活動している元少年と成年漫画の編集者K氏から教わった言葉を胸にして、ここで特異な性格水の底に沈む心を持ち、自己防衛本能から生まれる幻を見る少女である主人公に驚愕しました。

10A-3.jpg

 其ノ三:元ネタがわからない、ほかにないものを持つ作品こそ重宝しなければいけない、という、私の三人目の師匠、もっとも早い段階で全国の漫研をまわって後、歴史に残る名作を産む巨匠を何人も発掘した編集者Y氏から教わった言葉を反芻しながら、ここでシンプルだが、一見誰もか思いつく物語だが、見たことのない完成された絵と演出は、ほかにない古めかしくも新しくも言えない手法であると感じました。

 最後に:とにかく面白い!

 16ページとは思えない読後満足感面白さラスト胸に伝わる言葉、もう、読むしか、ないのであります!!!

10A-4.jpg

>総合マンガ誌キッチュ第六号作品紹介ページに戻る<



スポンサーサイト


Category:キッチュ第六号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「キッチュ」第六号掲載作品紹介:オバタたばお『ヂャンク』 | HOME | 「キッチュ」第六号掲載作品紹介:もぷ子『私は〇〇』>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/122-959c7b41