RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

すごい!漫画家と漫画大喜利!!

2016.02.01 Mon
 自分が最後に筆を動かして、それに集中したのは、いつだったんだろうか。

 活字ではなく、のほうです。

 1月31日の大阪サブカルチャー発信地ロフトプラスワンウェストで開催された大喜利イベントとんぼり文化祭 2016冬 第三回大阪漫画家大喜利「MAN-GIRI!」に、出場者として行ってまいりました。
マンギリ

とんぼり文化祭 2016冬 第三回大阪漫画家大喜利「MAN-GIRI!」イベントページ

 ほかの出場者にはai7n先生、伊勢田しま(16)先生、えろ漫画家ピクピクン☆先生、緒形てい先生、 尾上龍太郎先生、 川口憲吾先生、 幸田廣信先生、はたのさとし先生、原田ちあき先生、ひらまつつとむ先生、ルノアール兄弟・左近洋一郎先生、ロビン西先生、 和田ラヂヲ先生がおられ、審査員には劇画狼さん、ノヴヤマさん、 フクモトヒロスケさん、 八木泉さんで、司会にはタクミティさんとムッケン¥テーラーさんがおられました。

 すごいメンバーですねぃ。

 さて漫画家界のカリスマが勢ぞろいする出場者のなかになぜ私がいたかどいうと、そ、それは、なにを隠そう・・・不埒にも「出場してみたいなぁ」と、関係者の方にツヨク話したからです(えぇ)

 命知らずめ(滝汗)

 1999年に、「漫画家になって生きて死んでいくのだ!」と心を決めて、来日したあのころの自分が、前回第二回漫画家大喜利に審査員を担当させていただいた時に、目覚めてしまった・・・・・・ような気がした。

 いざがく屋で顔合わせした時に、とにかくすごい熱気を感じました。

 観客に楽しんでいただくことが大前提のイベントではあるが、出場者の漫画家の誰もが優勝を本気で手にしようと思っていた――当然といえば当然だが、漫画家である以上、一緒に盛り上げていこうという共同の認識とともに、競争心には何時だってホンキ、それが漫画家というもの。

 映画で成功した大俳優でも、舞台がたまらなく楽しい――という話を聞いたことがあります。

 そこにはやはり、ダイレクトに観客の反応が俳優に伝わるからなのではないでしょうか?

 そこと同じく、漫画家が自分で考えたネタが、ダイレクトに観客の反応を体感できることに、たまらない魅力を感じるかもしれません。

 とにかく先生方、次々と奇天烈な爆笑ネタを披露されて、マジで凄かったです

 回答に戸惑う自分をがく屋で励ましていただいた先生方にも感謝です!

 次は、頑張ります!(おぃ)あれば、の話ですが・・・!

 関係者の皆様、ありがとうございました!!!!

 総合マンガ誌キッチュ最新号、依然全力編集作業中・・・・・・!

 総合マンガ誌キッチュ責任編集 呉


総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:近況 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<霹靂布袋戯世紀がやってくる!?虚淵玄氏プロジェクトを見て | HOME | 総合マンガ誌キッチュ第七号便りその2 台湾マンガ業界の過去と今>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/141-f3d736e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。