RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

霹靂布袋戯世紀がやってくる!?虚淵玄氏プロジェクトを見て

2016.02.14 Sun
 2月5日、霹靂社の招待で東京の台湾文化センターに行ってまいりました。

 そう、あの虚淵玄氏のプロジェクト『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の記者会見でした。


『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』


 ニトロプラスさんが霹靂との独自の合作ですが、30年以上の歴史を持つ「霹靂布袋戯」が日本最高の脚本家との夢の共演は、期待せざるを得ませんが、嬉しかったには理由はほかにもあります――

 台湾出身の自分は、霹靂を見て育った「霹靂世代」で、来日してからもこの素晴らしいコンテンツをいかに日本に紹介するのかを、ひたすら考えていました。まだ学生の頃に、周辺の友人に勧めるに飽き足らず、ついに霹靂の本社にコンタクトし、2010年の「SF大会KOTON10」で、公式協力の上映会をしたのでした。


「SF大会KOTON10企画「もはやSF!?台湾人形劇『霹靂』がやってくる」

「TOKON10企画報告その二「もはやSF!?台湾人形劇『霹靂』がやってくる」


 これをきっかけに、のちマンガの仕事をするようになっても、ずっと霹靂のことを考えておりました。そして2014年に台湾高雄の大型展示スペース「駁二藝術特區」で行われた「靂奇幻武俠世界―布袋戲藝術大展」を取材し、総合マンガ誌キッチュ第六号霹靂の歴史を紹介する特集を組ませていただきました。


総合マンガ誌キッチュ第六号


 それをきっかけに霹靂との距離がさらに縮まって、さらなる活動に繋がることになったと実感。

 2015年に、株式会社KADOKAWAのウォーカーブランド統括事業統括部長兼ウォーカー総編集長の玉置泰紀さんにお声かけていただいて、こちらも霹靂公式のご協力のもとでメディア研究者と関係者が集まる、研究とメディアの最先端の会「研究者メディアCAFE」で霹靂を紹介することができました。


研究者メディアCAFE 冬の大発表会


 これまでは霹靂をあらゆるメディアにすすめてきましたが、ぶつかる壁はやはり「日本での知名度」でした。しかし『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の記者会見で、いよいよ霹靂を日本で広める時がきたと確信するようになりました。

 日本のアニメ・マンガ文化と影響を受けつつ、独自の形で進化を溶けてきた霹靂――私は99年に来日し、2010年SF大会の上映会を皮切りに、個人レベルの活動ではありましたが、これからは霹靂本社とさらなる連携のうえ、あらゆるメディアを駆使し、「霹靂布袋戯」という台湾が世界に誇るコンテンツを日本の皆さんにご紹介できるように頑張ってまいりたい所存です。

 超・面白いですぞ!「霹靂布袋戯」・・・!!!!

 総合マンガ誌キッチュ責任編集 呉


総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:霹靂布袋劇 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「総合マンガ誌キッチュ」第七号発刊のお知らせ | HOME | すごい!漫画家と漫画大喜利!!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/142-0ea7bd2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。