RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

特撮とアニメの新時代を切り開いた作品たち

2016.09.23 Fri

 行ってまいりました。

 新海誠監督最新作『君の名は。』

 衝撃の、一言です。

 「ありそう」なCMとは裏腹に、本編はすばらしいものでした。自分は仕事上作品の構築や演出に携わることが多いのですが、このように「技法」は「技法」で、それでは説明できない「感性」というものを目の当たりにすると、まったくの衝撃としか言いようがありません。(監督ご本人のとっては、「感性」云々というものではないかもしれません、私の思い込みです)

 『シン・ゴジラ』は特撮の新時代を切り開いた作品だと思っていますが、それまでの作品が過去のゴジラ像から脱却できる可能性があった(過去のゴジラシリーズで金子修介監督では脚本、その後怪獣のキャストが変えられ、北村龍平監督の場合は脚本を却下された)ことから、10年遅かった傑作だと考えています、が、しかし、時代を変える待ちに待った一作に間違いはありません。

 ところで、私の中では『君の名は。』は同じくアニメの新時代を切り開いたと位置するアニメ映画作品として、最良のタイミングで適正評価を受けている一作です。

 そう、この作品が今、大ヒットしていることが、なによりも嬉しいことであります。

 『君の名は。』は、すごかったです。

 良い時代に、生まれて嬉しく思ってしまうくらい、素晴らしい作品でした。

 劇場に行けないあの人に、是非みてほしいのですが…何が手がないのだろうか…

『シン・ゴジラ』公式サイト

『君の名は。』公式サイト

 総合マンガ誌キッチュ責任編集 呉


総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:キッチュな映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「総合マンガ誌キッチュ・ワイズ出版創刊号」東京初イベント2連! | HOME | 『Thunderbolt Fantasy東離剣遊紀』マスコミ/関係者試写会に行ってまいりました。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/147-39478d4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。