RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ガロ』元副編集長、白取千夏雄さんがなくなられたことについて

2017.03.26 Sun
2017年の3月17日、ガロの元副編集長の白取千夏雄さんがなくなられた。

10年以上、白血病との、壮絶な闘病生活でした。

そんな白取さんとの出会いは、私がまだ院生として京都のある大学に在籍していた頃、同校の専任教員で漫画家のやまだ紫先生経由でした。

『ガロ』を知ったのは、その数年前の、ひさうちみちお先生との出会いがきっかけです。それからやまだ先生そして白取さんと出会ったわけですが、皆さんに『ガロ』について話を聞くようなことはしませんでした。とにかく気になったことは自力で調べるようにしました。それが本能的なもので、一台湾人が、幸か不幸か、ドメジャーの漫画家を目指して来日したにも関わらず、アンダーグラウンドに強い関心をに持つことになりました。

やまだ先生にはとても良くしていただきましたが、白取さんとの接する機会がさほどありませんでした。白取さんと会うようになったのは、やまだ先生が2009年になくなられた一年ほどの後だったのではないかと記憶しています。

思えばやまだ先生がなくなる直前に、「みなで飲もうね」と約束してくださったのに、それが叶いませんでした。その後、やまだ先生が当時の私の住処に遊びに来てくださる、という驚くほど鮮明な夢を見ることになります…いわゆる夢まくらだったのかもしれません。とにかく、白取さんの壮絶な闘病生活のたいへんさを、本当に意味で知ったのは、白取さんと会う機会が増えたやまだ先生がなくなっただいぶ後でした。

その間、「キッチュ」ワイズ出版創刊号インタビューの中でも書かれたように、白取さんと「なめくじ長屋奇考録」との出会いは本人にとって大きいものでした。

さてインタビューの企画が話に出た時に、「なぜ聞きたいと思うか?」と、白取さんに聞かれましたが、私は「知りたいから」と好奇心からというふうに答えましたが、それはまっ赤な嘘で、動機は、言葉にできませんでした。あくまでも本能なのでしょうか?自分にはもはやわかりません。

それから2015年の11月と12月、そして2016年の5月に、三回わたって、合計10数時間のインタビューを撮らせていただき、劇画狼さんとライターの佐藤勇馬さんの文字起こしのご協力、そして白取さんがたいへんな状態の中で校正していただいて、できたのは、「キッチュ」の記事です。10数時間のあいだ、白取さんが自分自身の編集者人生と、『ガロ』との関わりを大いに語っていただいたが、「キッチュ」の記事はその超ダイジェスト版と言えましょう。

劇画狼さんが主宰する「おおかみ書房」で発売予定のレーベルで、白取さんの編集者としての仕事はより完全な形で公開されると思います。

いま思えば、大変な闘病生活のなか、白取さんは、私のようなややこしい人間に、よく付き合ってくださいました。

本当に、ありがとうございました。


総合マンガ誌キッチュ責任編集 呉
スポンサーサイト


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「キッチュ」ワイズ出版創刊号掲載作品紹介:さそうあきら『めいこちゃんは上の空』 | HOME | 「総合マンガ誌キッチュ・ワイズ出版創刊号」東京初イベント2連!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/151-16decd13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。