RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

帰国と身体検査と

2011.04.06 Wed
いまは、台湾にいます。


 来日12年目にして、徴兵延期の上限年齢の30歳を目の前にして、四月にいよいよ帰国してしまいました。

 日本の空前の津波を伴う大震災、そして福島原発事故(あるいは事件か)・・・発生当時日本にいた多くの人々と同じように、テレビに釘付けになって、言葉を失っていました。

 告白しますが、『総合マンガ誌キッチュ』の第三号の発刊を危うく思う瞬間もありました。しかしなんとか、帰国直前に印刷場さまに入稿することができました。IKKI作家のムライさんに在庫管理していただくことになっております。

 早ければ四月後半、遅ければ五月あたまに、中野タコシェさまに委託販売させていただきます。

 こちらの都合で、予定より発刊が大幅に遅れることになってしまいました。楽しみしていただいている方々には多大な迷惑をおかけいたしました。心よりお詫び申し上げます。


 …台湾にいて数日になりましたが、ようやく言葉(北京語&台湾語)の感覚が戻ってきたような気がします。

 個人的に、台湾の人々はよく言えば大らか、わるく言えばいい加減のような気がします。そこは今の、特に大都市の日本の人々と異なるところだと感じていますが、戦前旧日本領だった影響もありましょうか、やはり日本文化と馴染みやすいところがあります。

 日本領時代までは清朝、その前は明朝(鄭成功)、さらにその前にはオランダ統治時代がありました。戦後には国民党、2000年には民主進歩党の政権交代を経験してきた。当然戦争や民族間の衝突はあったものの、結果的に、いまは文化面に関しては大変な包容力を持つ国になっていると考えます。

 なにはともあれ、この日は徴兵のための身体検査。我が故郷旗山の地方病院で検査を受けましたが、レントゲンの担当医に「兵役なんか行くもんじゃない!」と力説されたのが、興味深かった。独立派の方かもしれません。

 さて、大体正常のようですが、血圧が高く再検査で呼び出される可能性があるとのことです。

 入隊は早くて五月後半だそうですが、それまではキッチュの第三号の作品紹介を更新していきたいと思います。

 宜しくお願いいたします。


ブログ内関連記事:

三十路の徴兵日記:抽選

三十路の徴兵日記:あっという間に時間は過ぎる

三十路の徴兵日記:訓練終了

三十路の徴兵日記:海の仕事

三十路の徴兵日記:軍隊生活と海の向こうの魂のギター

三十路の徴兵日記:数か月が立って今は

三十路の徴兵日記:おまんじゅうを数える

三十路の徴兵日記:選挙とカウンセラーと旧正月と

三十路の徴兵日記:アルセーヌとホームズ

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(上)

三十路の徴兵日記:人生の過客

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(下)

三十路の徴兵日記:嗚呼さされざる我が命の輸送線

総合マンガ誌「キッチュ」

スポンサーサイト


Category:三十路の徴兵日記 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/32-329664a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。