RSS|archives|admin

「キッチュ」第三号掲載作品紹介:シンプルにして力強いやさしさ

2011.05.09 Mon
総合マンガ誌キッチュで初登場の
オバタユウキさんの短編作品『さとしの夢』――

さとしくん

交通指揮のさとしくんは、真面目である。

一人で自分を育てた母親を感謝しながら、
毎日いっしょうけんめい働いています。

決して裕福ではなさそうだが、
「夢はあるのか?」と聞かれると、
その答えはたいへんシンプルなものである。

夢は…

真面目ゆえか、その表情にほとんど変化がみられない。
真面目ゆえか、その言葉もシンプルでやぁやぁカタイ印象を受ける。

単純な人間かもしれないが、しかし、
その感情もたいへん伝わりやく感じます。

そして力強い。


しかし、さとしくんの人生は短かった…

無常

それでも、残された人たちのココロのなかで、さとしくんは生き続けるのでしょう。


――作者のオバタさんは、創作に対してたいへん真面目な印象を受けます。

真面目というのは、少し語弊があるかもしれませんので、
言い換えれば、創作に注いだ精力(精神的・物理的とも)は
たいへん印象に残るものだと感じています。

見せていただいた長さ68ページもある作品は、
「愛」を追い求めながら生きる少年たちを描いたSFファンタジーでした。

同作の作画とストーリーとも凄まじく、
鬼気迫とも言えるパワーで私を圧倒しました。

勝手な評価ですが、シンプルと言えばシンプルかもしれません、
しかしある意味大変めずらしい作家だと、私は思うのであります。



そして『さとしの夢』に登場するさとしくんは、
いたってシンプル、いたって力強い、しかしとてつもなく優しい。

もし現実で彼と出会ったとしたら、
きっとこういう風に、言うのだろう…(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第三号作品紹介ページに戻る<


スポンサーサイト


Category:キッチュ第三号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「キッチュ」第三号掲載作品紹介:「赤ずきん」 | HOME | 「キッチュ」第三号掲載作品紹介:大好き>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/38-2cc0bdaa