RSS|archives|admin

「キッチュ」第三号掲載作品紹介:いちばんぼし、暫しのお別れ!!

2011.06.28 Tue
『いちばんぼし』より


 そして多くの作家と執筆者のおかげ様で、2011年4月初版の総合マンガ誌「キッチュ」第三号を発刊することができました。

 キッチュで初登場のわんわんさんの1ページマンガ『いちばんぼし』、一見唐突のような、しかし強いインパクトと共に記憶に残る1ページです。思えば出来る限りの作品発表の場の実現、その最初は必ずしも唐突なものでした。

 思えば総合マンガ誌「キッチュ」第一号の初版刊行は2009年の11月でした。同号の後書きに書いたように、日本マンガ評論の草分け的存在、故・石子順造氏の著作から、「キッチュ」という言葉に感銘を受け、僭越ながら私主観的な再解釈をした上、本誌と題名として付けさせてもらいました。


『グーチーパー』の三人(匹)


 第三号が発刊したのは、ちょうど東北地方太平洋沖大地震の一カ月あとでした。地震の直後、第三号装丁と仕上げ作業をしながら、頭の中に様々な思いが飛びまわり、まさに万感交到るそのものでした。

 のち同号が中野のタコシェさんの店内で販売させて頂いた時に、私はもう日本にいませんでした。

 来日して12年間、後延ばししていた兵役を果たす時がやってきて、「やっと…」という気持ちと共に、感情を整理すること間もなく、台湾に帰国することになったのであります。

 一年間の兵役は、恐れながら総合マンガ誌「キッチュ」一年間の休刊を意味することになってしまいますが、偶然と言えば偶然で、第三号の巻末を括った、ムライさんの4ページ短編作品『グーチーパー』には、固い友情を背景にした再会と離別を描いた作品でした。

伝いたいことが

 ――「第三号まで出せるとは思わなかった」など、毛頭もありません。出来る限りの条件で本誌を発行し続け、より多彩な作品で、よりボリュームな総合マンガ誌「キッチュ」をお届けしたいと思っています。

 一年間、暫しのお別れです…!!(呉)

>総合マンガ誌キッチュ第三号作品紹介ページに戻る<

スポンサーサイト


Category:キッチュ第三号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<あっという間に時間は過ぎる | HOME | 「キッチュ」第三号掲載作品紹介:過去と現在と>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/42-a3e512cf