RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

おまんじゅうを数える

2011.11.23 Wed
来年1月に、いよいよ台湾の総統選が来ます。

 当然テレビ付ければ選挙の話がほとんど、ニュースから政治関係トーク番組…新聞記者たちの暴露(?)話に与党と野党の議員のあいだの論戦があのテレヴィジョンという名の長方形の箱の中で繰り広げられる毎日であります。

 さて自分が6月末に兵役で軍に入って、8月に所属単位が正式決定され、いまやもう三ケ月近く立ったわけです。ゆっくりながら軍のなかの時間の流れのリズムと仕事の内容に慣れてきたように感じます。今日でまた軍に戻りますが、毎回の休暇が思ったよりも早くやってきて、このままだと兵役が終わる来年の6月もあっという間にやってくるのではないでしょうか?

 
 前の呟きでは自分が軍のカウンセラーに就いたと書きましたが、様々な悩みの兵士の相談に乗る…というよりもこちらから主動的に向こうコンタクトすることが多く、人というのはなかなか簡単には自分の考え方を話してくれないものです。

 しかしながら自分は悩みを発覚しても、結局他人の悩みを解決することはできないように思えます。まず兵役に行くってことを、自らめでたいと思う人は少ないのではないでしょうか?そんの先決条件がある以上兵士の誰もが何らかのマイナス思考があって仕方ないと思います。

 先ず自由を奪われることでしょうか。そして進学でも仕事についてもいったん中断しなくてはならないので、兵役そのものをリスクとして考えられなくもありません。しかし逆に考えると、一旦奪われてみれば、そして一旦中断されてみると、自由の大切さややっていること重要さに気付くこともあるかもしれません。

 そうてないところも、あるでしょうが。

 ――20~30年前の兵役の長さは4年もあったと聞いています。それが中国と台湾の関係の変化に連れ、役期の長さも短くなっていた。4年も軍に居たら、出た後の周りの変化にはさぞかし驚くことでしょう。しかしそのような辛さを経験してこそ見付ける強さもあるように思えます。

 そして昔の軍の中では、朝ご飯は決まっておまんじゅうでした。台湾の言うまんじゅうは、中身があんずなどが入ってない、つまり具のない食べ物でした。そして兵役にいる日々を「おまんじゅうを数える」と言われていました。

 実によく言ったものだ。今の自分の単位の朝ごはんのメニューはおまんじゅうに限らないのは、いささか残念に思うのであります。


 しかし自分の軍隊生活のリズムに慣れることに連れ、特筆すべきものもとんどん減っていってしまうことに気が付きます。

 題材にできそうな新しい出来事と言えば、新しい兵士の話を聞いた、と言った具合になりやすい。そこはプライバシーところか、軍事機密(基準は定めではないが^^;)にもなり兼ねないので、語る訳にはいかないのであります。語れるかなというところは、自分が住む兵士用の寮に、仲の悪い猫一匹と犬一匹がいるくらいでしょうか…

 なにはともあれ、皆さんとの出会いと聞いた話は、いまは自分の胸の中に閉まって置くとしましょう。ゆっくり消化してから、何らかの形でそれらを語ることができれば思います。


ブログ内関連記事:


三十路の徴兵日記:帰国と身体検査と

三十路の徴兵日記:抽選

三十路の徴兵日記:あっという間に時間が過ぎる

三十路の徴兵日記:訓練終了

三十路の徴兵日記:海の仕事

三十路の徴兵日記:軍隊生活と海の向こうの魂のギター

三十路の徴兵日記:数か月が立って今は

三十路の徴兵日記:選挙とカウンセラーと旧正月と

三十路の徴兵日記:アルセーヌとホームズ

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(上)

三十路の徴兵日記:人生の過客

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(下)

三十路の徴兵日記:嗚呼さされざる我が命の輸送線

総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:三十路の徴兵日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<選挙とカウンセラーと旧正月と | HOME | 数か月が立って今は>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/51-58a7f303

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。