RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

海賊と駐在さんとメジャーリーガー(上)

2012.04.08 Sun
 6月28日は軍訓練センターに入った日である。

 日本でマンガ編集に携わっていたと聞いたトタン、ほとんどの長官や同僚から先ず「日本のAVは凄いね、あれってホンマ??」から会話が始まり、次に聞かれるのは…

「尾田栄一郎さんと知り合いか?」

 知り合いにジャンプ系の作家はいるものの、自分は尾田氏とまったく繋がりがないので、残念ながら知りません


 念のため断っておくが、そういう会話になるのは台湾人がその両者を一緒にしたわけではなく、AV女優と麦わらの一味がたまたまそれぞれのジャンルで台湾の人々の日常に浸透したちゅうことだと、思う。

 私の友人にエロマンガ誌の編集者がいるので、彼にとって興味深い話やもしれんが。

 
 とここで一つ台湾マンガ業界の豆知識―――およそ十年ほど前に、当時「大然文化」とゆう台湾の大手マンガ出版社が倒産してしまい、それによって台湾の出版業界が再編されたのであります。

 わたしが日本にいるあいだの出来事だったので、詳しい原因は知りませんが、本屋さん経営の友人からは台湾人口数(つまり消費者)がそれほど多くないにもかかわらず、会社が市場読みに誤ったのが原因の一つだったのではないかと、言われたわけです。

 つまり台湾の人口に見合った市場モデルをうまく作れず、そのうえ売れそうにない作品を大量に刷ったり、人気作品をたくさん刷らなかったり、結果経営失敗になったわけですが…裏でまた別の説があって、その信憑性に責任を持てないので敢えてここで取り上げないでおく。


 それはそれで、結果生き残ったのは同じく台湾大手で、「大然文化」のライバルだった「東立」なのであります。


 さて『ワンピース』の台湾版発行権利は元々「大然文化」が持っていたのが、業界再編の後「東立」が持つようになった、そこで面白い問題が起きた、『ワンピース』の台湾訳は『海賊王』だったが、版権問題(!?)で同じ題名を使ってはイカンとゆうことで、あえなく『航海王』になったわけです。

 それところが、中の人物の名前もぜ~~んぶ替えなければならなかった、モチロン、版権問題でネ

 当時の『海賊王』ファンにとってさぞ迷惑な話だったでしょうが、まぁ慣れれば『航海王』も悪くないし、「海賊」たちは確かに「航海」しているから、間違っているとも言えんでしょう。


 日本での発行部数を見れば、『航海王』の人気は意外じゃないと言えばそうだが、ここ数カ月、あの不死身の駐在さんのアニメが「ギャフン」と言わせんと台湾で驚くべきスピードで人気を上げていくのであります。


 あのフリーザさまのビームを浴びてなお死なず、しまいにはボロボロの服も元に戻っちゃう不死身の警察官、両津勘吉である…!!


 思えば『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の歴史は長い、ウィキ先生によると1976年からの連載で、1980年ゲームのCMとして初のアニメ化、1981年生まれのわたくしめよりもどちらも古い!

 そうわたくしはまだまだ若いちゅうこっだ。


 しかし20年近く歴史のあるアニメがなぜ今更?という疑問もあるのですが、言うだけに後の祭りとゆうのが承知の上で、えらそうに言わせていただけると…つまり…

 今の台湾のテレビでなんとなく見れちゃうからなんじゃないかと…

 研究者ぼいことを書こうにも書けない…とゆう訳ではないが、なんとなく見れるとゆうのは途轍もなく大事なことなのであります。

 また両津の吹き替えは北京語と台湾語(台湾の方言)が混じっているのも、よりコミカルな演出で人気獲得に一役買っているでしょう。

 しかし自分が日本にいる間でも、本当はテレビ見るのが嫌いですが、映画と「こち亀」だけが、なんとなく見れちゃうのだ、このなんとなくは、ものつくりにとって永遠の課題にして謎なのでありましょう。


 そしてもぉ一つ、台湾のお茶の間でジワリジワリ人気が上がってきているのは週刊少年サンディの『MAJOR』を原作にしたアニメ『メジャー』なのである…(つづく)


ブログ内関連記事:

三十路の徴兵日記:帰国と身体検査と

三十路の徴兵日記:抽選

三十路の徴兵日記:あっという間に時間が過ぎる

三十路の徴兵日記:訓練終了

三十路の徴兵日記:海の仕事

三十路の徴兵日記:軍隊生活と海の向こうの魂のギター

三十路の徴兵日記:数か月が立って今は

三十路の徴兵日記:おまんじゅうを数える

三十路の徴兵日記:選挙とカウンセラーと旧正月と

三十路の徴兵日記:アルセーヌとホームズ

三十路の徴兵日記:人生の過客

三十路の徴兵日記:海賊と駐在さんとメジャーリーガー(下)

三十路の徴兵日記:嗚呼さされざる我が命の輸送線

総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:三十路の徴兵日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<人生の過客 | HOME | アルセーヌとホームズ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/55-fa7e3ee4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。