RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

新幹線と飛行機とコーヒーにアイスクリーム

2012.07.30 Mon
 7月10日私は日本に戻るための飛行機の中にいました。

 思えば「戻る」とゆう表現は、我ながら興味深い、合わせて約12年間、つまり我が人生の三分の一以上日本で過ごしているわけで、日本に「行く」とゆうよりも、「戻る」とゆう表現に、気が付いたらなっていたのであります。

 逆の場合どうだろう、まぁ答えは一緒でしょう(笑)つまり台湾に「戻る」、台湾を「出る」になりますねぃ…私はこうして国と国の境をこえたほんにゃらなんじゃらと、カッコよく言いたくなってしまいますが、日本に入国のさい指紋と顔写真を撮られることで、私が現実に引っ張り戻されるのであります。

 でも飛行機が大の苦手な私なので、パニック映画のようなことが起こらずに、ちゃんと目的地に到着してくれるだけで、もう有難き幸せです。


 7月20日私は東京に向かうために、新幹線の中にいました。

 私の歓迎会と言われ、大学時代の恩師の一人でもある、ペデラン編集者がパイプを加えてニコニコと迎えに来てくれました。そこは賑やかな居酒屋の二階、編集関係の方が二人に、気の良い青年一人がいた、マンガのお仕事の話、そしていわゆるマンガのこれからを語り合いましたが、お店の焼き豚が格段に美味く、私は主にその美味しさに陶酔してしまっていたのであります。

 恩師のお家のとなりに、空家になった、故、ある有名洋画家のアトリエに泊まりましたが、おそらく40年を超えたであろうこの洋風の建築は、年代を感じさせないほどオシャレな建物である。

 その日は夏らしくなく最高気温が24度しかない日でした。そして「東京らしくない」と、私の勝手なステレオタイプを打ち砕いたほど、静かな住宅地の空家に、私がいた。


 7月21日私は恩師と一緒にあるベテラン少年漫画家のご自宅を訪ねたら、なんと少年漫画化の還暦の家族パーティの真っ最中でした。

 ほろ酔いのなか、この空間では「マンガはどうなる?」とゆう話にはならない、「マンガはこうなる!」とゆう話にもならず、「私達はマンガをこうする」とゆう話だけに、なるのであります。


 7月22日私は京都に戻るために新幹線の中にいました。

 車内では新商品のアイスクリームのキャンペーンセールが行われ、アイスを紹介する為にわざわざ作られたDMが手渡されます。

 「甘みが際立てるアイスなので、ブラックコーヒーとよく合います、合わせて注文する客も多い」とゆう趣の紹介文が書かれているが、出たばかりの商品には、もうすてにお通の乗客がお通な注文の仕方をしてくれるとは、いささか気が早いような気もしますが、スイカに塩を付けるとゆう食べ方を連想してみれば、納得もいくだろう。

 どのみち、肺炎だった病み上がりの私には、アイスはとても無理でありました。


 7月23日親友の漫画家と一年ぶりに会いました。

 夏らしい暑さの、京都の街中、よく行く骨董屋さんを兼ねた喫茶店に案内し、そこで話をした。

 店の看板猫が彼の膝の上で気持ち良さそうに昼寝している。私たちは思い出の話から、お仕事の話もした。知り合ってから、13年近い付き合いになります…長そうに聞こえるが、実はあっという間でした。

 彼にはキッチュの復活号の原稿依頼をしている、がしかし、13年前大学で出会った頃の二人がこうして「原稿をくだちゃい」を言うような関係になるなんて、思いつく訳もなかろう…しかしいまでは単行本5冊以上出して、独特な作風で固定ファンを獲得している今の彼を見て、まったく持って意外ではなかった。

 当日の夜、新たな住処にサイズの大きい源五郎が現る、対応できないので面識のない隣の部屋の方に処理していただいた…


 7月24日、台湾に「戻る」ために飛行機の中にいました。相変わらず、ドキドキしています、飛行機は何回乗っても慣れないものです。


 7月29日、私は台湾の同人販売イベントFF20の会場である、台湾大学のアリーナにいた。責任者のスーさんと私、そしてサークルの作家達と話している、皆さんイキイキしていました、しかし台北の夏は相変わらず暑い。

 私の汗が服の上で固まって(塩分かと思われる)白い結晶になっていた、黒い格好のせいで尚且つそれが目立っていた。


 7月30日アマゾンの情報更新が、一冊の創作の結晶が世に出たと、私を思い出させられた。

 裏路地に迷い込む男の子にそしてユニークに生き返り方をするフェニックスなどなど…冷静さと情熱を持ち合わせる作品の数々は、なんとも魅力的であります。

 弊誌でも作品を発表しているムライ氏の初の単行本にして異例の短編集『路地裏第一区~ムライ作品集~』であります。

 初めは一羽だが、それは近いに将来無数になって、空にはばたくことであろう。




 今現在

 キッチュの復活号が、いよいよ近づいてくるのであります。


 うふふ。


路地裏第一区~ムライ作品集~『路地裏第一区~ムライ作品集~』(IKKI COMIX)アマゾンページ


総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:近況 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『バニラスパイダー』台湾版『大戰八腳怪』 | HOME | マスクの唄>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/61-cbd618fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。