RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

花粉と第六感

2013.04.11 Thu
 1年以上も前の話なんですが、2月にも関わらず昼間の気温が30度近くまでのぼる南国の島国の台湾に、私が旧正月のため戻っていたのがこの頃で、海外にいる博士の候補生である勉強のできる優等生だがカチカチ頭の兄から、運転中交通事故に遭ったとの知らせが入ったのもこの頃であります。

 両親がそれぞれその数日前からイカにもの虫の知らせによって、何かしら「感じた」らしいが、私はアイスクリームを片手にしてひたすら南国の暑さと悪戦苦闘を繰り返していたのであり、高雄より時速800~1000キロもあると言われる大空に飛ぶ鉄の塊が二時間をかけてようやくたどり着く日本の京都という街の寒さを恋しく思うだけのでありました。

 なによりもわたしは飛行機が苦手である。

 生死を自らの手でコントロールできないのではないかというように、ネガディブに物事を考えてしまうので、どうしてもこの空に飛ぶ巨大な鉄の塊におびえてしまうのだが、自分の命を他人に預けることで安心感を得られるということで、乗るのが大好きという人もいるのだという。

 そして現在、気が付いたらまた大学という場にいました。

 大学のカリキュラムにモノ申すという形で無理やりそれに関わろうとしたのは大学院の頃でした。方向を著者から編集に変換したのも、その数年の間でした。出身校に対しての愛着と後輩たちと一緒に仕事する楽しさが、10年以上も大学にズルズルいる結果に結びついたわけですが、いよいよ大学を完全に離れて自分の事業に専念する決心をしたわけです。

 だが気が付いたらまだ大学にいた。今度こそ無償ではないが、気持ちは花粉対策の新発明で「鼻に塗るマスク」というものは果たして効くかどうかを考えるのと同じようにビミョウな気持ちなのであります。


 だが学生と一緒にいるのが楽しいことです。方向を決めずに船出しざるを得ないという迷いを感じるものの、年齢が若い分その可能性も大きいので、ある意味彼らからはエネルギーをもらうことになります。


 不本意ながら、また大学に戻った。しかし学生達は、良かった。


 兄の車はガラクタになったものの、本人はかすり傷。虫の知らせが来なかったけれど、結果オーライということで。今年の花粉の時期を終焉を迎える。それも良かったのだ。


 「キッチュ」とともに、大学に逆戻り、花粉とともに、しかし第六感なし。


 ぼちぼちかな。


総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:近況 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『彌勒』漫画化宣言 | HOME | 「キッチュ」復活号掲載作品紹介:無声が有声に勝る>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/82-516fa720

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。