RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

鳥か卵か―キャラクターデザインについて

2013.06.27 Thu
 「鳥が先か卵が先か」という謎々を小学校頃、友だちがヘラヘラしながら問いかけて来たことをいまだに覚えています。鳥という生き物の誕生に巡る永遠の謎というべき質問が、忽ち学年の間流行ったわけです。

 科学に留まらず哲学あるいは神学にまで展開された(?)この永遠の問いは謎々としても小学生の間で絶大な威力を発揮したという遠い記憶が、大学になって一時期友人の間で「マンガを描く時にキャラデザインが先か、ストーリーが先か」という議論を行った時に脳の深層よりからよみがえったのだが、当然どちらも問いそのものに正解がないはずです。

 さて江美留はどんな人物なのか。

 小説原作で登場する江美留は、林海象監督の映画『彌勒』によって具現化されが、映画とマンガが言語としての相違点や共通点を別として、この場合映画版のヴィジュアルの再現のみをこだわることが得策とは言えず、重要なのは江美留の存在そのものをどういうふうに映画で解釈されたことでしょう。

設定絵江美留 (3)

 ラフですが、一先ずイメージ…何を隠そう、1954年公開のドイツ映画作品『エミールと少年探偵団』のポスターを見ながら、描いたものです。

 リアルタッチだが、ポスターで描かれる思い切った美少年をアレンジしながら、イメージを探るための過程であります。私は絵描きとして特徴が少ない顔が美形という説にはまったく持って賛成ですが、成長途中のため顔の特徴がまだ現れない少年こそ美形そのもの、がしかしドイツの少年は東洋人よりも顔のほりか深く、実に味わいのある美形だと、思いながら手を動かしたわたくしでございましたが。

 設定絵江美留 (2)

 数あるラフから選んだ画像ですが、ここでデフォルメを少しずつ効かしていきますと、それらしいものが出来上がって来るものです…

 一時期「迷い」「空洞」または「よわよわしいさ」を意識して描いたものもありました…しかしながら、自分の生き方を探る「少年編」の江美留にはそれよりも、「迷い」は伴うが「純粋さ」「芯の強さ」こそがポイントではないかと、ここで思ったわけです。

設定絵江美留

 「終末」を好み、自分の未来に確信を持つ江美留にとって、周囲の少年たちに影響されるように見えて、実は「影響される」のではなく、それらを「吸収」していたかもしれません…

 さてはこれでマンガ『彌勒』の江美留のイメージが決定されたのか、そして青年の江美留はどんな姿なのか…それは後の楽しみということで。

 おまけに少年たちのラフイメージも―


設定少年たち

総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:マンガ版『彌勒』 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<落ち武者と悩ましき永遠の謎 | HOME | 日本にやって来た台湾マンガ少年>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/87-d1330419

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。