RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

鬼太郎と細胞と大辞泉

2013.07.11 Thu
 言葉が不慣れのため床屋には行けず、その結果伸びた前髪が片目を隠す、ついに「鬼太郎」と呼ばれるようになるが、身長が186センチ前後と、随分と巨大な鬼太郎と言えよう。

 言葉が不慣れのため無口であるが、相手の問いに理解できない時は笑って誤魔化し…言わば笑顔が武器であった。

 日本語がわかって来たかもしれないと言えるのは、来日して五年目以降であると、振り返って思うわけだが…ともあれ当時学内最も新しい建物だった教室に―それは一回生から四回生までの教室を想定したものの、教室と教室の間に壁がなく、不思議な所に聳える四本巨大な柱に四列のロッカーのみで仕切られた、200人ほど収容できるほどの大広間になっていた―冷房と暖房があったため、それを作業の場にして、課題が少なかったこともあって只管自分のマンガに時間を打ち込んだ、それもイキナリ90ページをもこえる超大作…

 さて日本初のマンガ学科(当時)に月に一回ほど教室にやって来るテレビ取材にマヒしてきたあの頃、ようやく大学の教員の顔と名前が一致して来た。

 その中でも伝説の編集者と言われるY編集長との出会いが大きい。へヴィスモーカーだったY編集長は、一風変わった風貌だったと言ってしまえばそれまでだが、S社で少女マンガの発展に力を尽くしたを言われ、なかでも24年組と呼ばれる世代の少女マンガ家の多くと関わって来た、まさしく日本マンガ発展期を切り開いた編集者の中の編集者である。テツカ番の頃にマコトくんを池に突き落としたというエピソードも有名だ。

 そのY編集長に一回マンガを見せたら一ヶ月間は落ち込むという評判が忽ち我々の間で広がり、そこで私が「当たって砕けろ」という気持ちで、例の90ページをも超える大作をY編集長の研究室に「持ち込んだ」のだった。


 ――人体の器官を自由に生成できる「i細胞」なる研究の第一人者本間博士の下で研究を重ねる若き科学者のヒカリが、ついに博士の一人娘と恋をするが、博士の人体実験に反対したため実験に使われ異形な体になり果てて、数百年後復讐の鬼になって本間博士と仲間が築いた世紀末帝国に立ち向かう…といったストーリーだった。

 さて、2メートルもあろう鉄の組み立て本棚に囲まれる空間の中、緊張感が高まっていく…


 「キミは「細胞」という言葉の意味わかっているの?」

 「えぇ…はい」

 「そうかなぁ~?「細胞」の意味本当にわかってるのかなぁ~?」

 「わかるとオモイマス…」



 Y編集長が、枕も顔負けの分厚さを誇るS社の大辞泉を本棚から取り出して、めくり始めた…


 「あったあった、ほら見ろ!これが「細胞」なんだよ!よく読んで!」

 「は、はいぃ(泣き)」



 一時間もあろうか、内容ではなく、もっぱら「細胞」とゆう言葉にまつわる話だったのだ。



 ……後輩の入学に若さ故に燃えるライバル意識、自己主張と自己認識の日々、とにかくマンガを描く手を止めることがなかった…



 そして休日、誰もいない大広間の教室に、私は常にいた。

 私しかいない大広間の教室に、Y編集長がよく通りかかった。


 「おう!描いてるかよ!?」

 「あ、はい!」



 思えば、決まって聴こえるあの掛け声で私は手を動かし続け、10年近く経った今でも、純粋な絵描きから外れたものの、マンガに携わる仕事が出来た。

 Y編集長は私が大学卒業する直前あたりに体調を崩され、大学も出版社もついに第一線から引退し、その後お孫さんが生まれたそうだが、会うと必ず「孫ってカワイイもんだよ」と言い聞かされる。そして多くの資料書籍と共に「細胞」という言葉に線を引かれたあの時の大辞泉がいまでも私の作業場の本棚に収まっているのである。
クロッキーその3
2008年頃に描いたクロッキー 作画時間約2分 鉛筆による



総合マンガ誌「キッチュ」
スポンサーサイト


Category:クロッキーとマンガ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<東京の六日間 | HOME | 落ち武者と悩ましき永遠の謎>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kitsch2010.blog106.fc2.com/tb.php/89-534abdf5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。