RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「キッチュ」復活号掲載作品紹介:「生き」をかみしめる

2013.01.17 Thu
 自分が、お葬式に出たことは、今のところ二回だけです。それにどうも寿命が長い家系なので、いまだに両方の祖父祖母は健在であります。よって二回とも親族のお葬式では、ないわけです。

 ところがその一回目のお葬式は、事件で亡くなったわけなので、自分にとってなおかつ強烈な経験だったのように思えますが、それをあらゆる原語を使っても、その感情ないし経験を説明することが未だにできないという自分の一つの限界を知ったのであります。

 さて奈樫マユミさんの作品との出会いはもっと前の出来事でしたが、「気持ち」というモノをここまで絶妙かつ自然に描ける作家を、いまだに他を知らない。

梅干し


 「キッチュ」では三回目の掲載になりますが、多くの「死」のラインナップの復活号のなかで、「生」を描く全38ページの『日々を重ねて』は、これまでのものよりもさらに洗練された一作になっています。


 そこにはそれは魔法学校を通うメガネの子でも、雪山から飛び降りるスパイでも、超能力で宇宙人と戦って世界を救うスーパーヒーローでもない、弁当屋で働いている本庄優子さん、30歳です。

夢は嫁

 妻子持ちの浮気の相手である本庄優子さんは、焦っていた。


 毎日同じ時間にお弁当を買いに来ている常連が、ある日来なくなっているのを見た本庄優子さんは、焦っていた。


 なんと言ってもとにかく30歳になった(大事なことらしいので、二回書きました)本庄優子さんは、不安を感じながら焦っていた…。


 なにもしないと前に進まないような気がするから、なにかをしなければいけないような気がする。



 しかし、なにをどうすれば?

瞳の先には

 現実のなかで、意外にも「死」と同じように、「生」にも時々向き合いたくなくなる一面をもっている、それをマンガに描く時に特異かつ奇抜な物語を使うよりも、身近な人物で描くほうが、実は数段難しいのだ。


 さては三十路は人生の区切りの一つというのを、私の場合10代の頃にそう考えた、しかしまさか「三十路の徴兵日記」というタイトルでブログ記事を書いたとは、さすがに思っても見なかったものです。(呉)

※総合マンガ誌「キッチュ」復活号作品紹介選択ページへ※日々を重ねて



Category:キッチュ3・5復活号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」復活号掲載作品紹介:砂の堡塁

2013.01.13 Sun
 山本健太郎という人間の作品と出会ったことで、努力することで身に付けるチカラは確かにある、しかし努力では到底手に入れないモノはあることを、初めて実感することができた。

 「コミックビーム」で『ファイトじいじいクラブ』の単行本、また同誌で『ウインド・ハート・ブレーカー』を発表している山本さんからの、全15ページの短編傑作『砂状の楼閣』を送りいたします。

砂

 男が自分の部屋で目覚めると、そこには砂・砂・砂…


リビングルーム

 男と自分の部屋、水分と失ったカラカラな「トモダチ」…男はなにを思って、また読む人はなにを思うのか…読みながらそれを考えることは意外とそう難しいことではない、がしかしなぜそのような形の作品にできたのかを、私にも解る日がくるのだろうか…?

人だってそう…

 編集にしろ、絵描きにしろ、一旦作業の段階に入ると籠ってしまうものです。やけ自慢ではありますが、私の記録は三日間寝ないで原稿を描き続けたことでした。25・6歳前後のころです。いまはもうとてもできない。

 変わらないのは、作業をする我が部屋、ここで生活して、ここでモノを考える、ここで生きて、いずれは死ぬ…場所が変わっても、時が経っても、それは「俺の部屋」…ところが、この『砂状の楼閣』を読むことによって、微かにその部屋から先にあるのなにかを見つめることができたような気が、するのだ。(呉)

※総合マンガ誌「キッチュ」復活号作品紹介選択ページへ※砂状の楼閣



Category:キッチュ3・5復活号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」復活号掲載作品紹介:謎

2013.01.09 Wed
 十数年前に日本に来た時に、単純に散髪するお金がないため伸び放題で片目がほぼ見えない外見から「鬼太郎」というあだ名をありがたくいただいてしまったものです。

 今思えば、身長186センチで、当時不慣れのため日本語が片言の自分が、周りにとって恐怖で得体の知らない存在だったでしょう。

 しかし瑞江さんは、それをも超えた謎めいた人物です。

破滅

 初めてお会いしたのは3年ほど前、そのファッションのセンスは、何気なくカッコ良いのであります。マンガを描かれているのは、知っていましたが、拝見する機会はなかなかありませんでした。

死んだ魚

 無邪気とも言える笑顔で、こちらが恐縮してしまうほど気が利いて、とにかく優しい人なのだが、その作品には見る人を吸い込んでしまう力があって、さらにヴィジュアルでありながら、不気味にもメロディが聴こえてくるように錯覚させてしまいます。 

木

 その作業机の上には、世界各国の「記号」の資料が山積みになっていて、ネタ帳にはいろんな言葉の歌詞が書き込まれています。

 「気に入った唄の歌詞を文字に起こして、それを日本語に訳して、画面を創るんです」と本人が言います。

 そうしたプロセスで制作されたこの全4ページの短編作品『破滅』は、彼の全て創作と同じように、その一つ一つの画面には魂が込められ、読む人に一コマ一コマに手を合わせて真剣に読み取りたい気持ちをさせてしまいます。
三猿

 瑞江駒鳥さんはまさしく謎めいた人物で、謎めいた作家で、謎な鬼才です。

 この出会いに感謝につつ、編集者と漫画人のあいだというややこしいポジションにさせてくれる運命というものにもありがたく思って、冬には黒いトレンチコートを着て動きまわり、いつしか「殺し屋」というあだ名を付けられたわたくしめでありますが。(呉)

※総合マンガ誌「キッチュ」復活号作品紹介選択ページへ※破滅





Category:キッチュ3・5復活号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」復活号掲載作品紹介:炭水化物健康法

2013.01.06 Sun
 ある先達からは炭水化物を減らす健康法の話を伺ったことがあります。

 「人間が米を食べ始めたのはここ数百年前のことで、エネルギーの転換易い米(炭水化物)を摂ることになったのは、人間の寿命が延びた原因の一つだが、現代人は炭水化物を摂り過ぎで、実に良からぬことである。」というのが、大まかな根拠であるが、自分もひとまず試してみました。

家族

 しかし短気な私はいきなり全ての炭水化物を断った所為か、四日目ほどで気分が悪くなり、倒れ込んでしまったものです…米が恋しく思ったわけです。

 ちょうど阿部洋一短編作品第二弾、全9ページの『おにぎりとビール瓶』の原稿をいただいた頃の出来事です。

爆裂!

 登場するおにぎりくんとビール瓶くんという組み合わせを見て、「ご飯にビールが合うかどうか」をついつい、シミレーションしてしまうが、おはぎを食べながら日本酒を飲む人は言わばアル中であることを、友人から聞いたことがあります。残念ながら私はまだそれが出来るほど修行を積んでおりませんが、この短編の業は、ある意味想像を絶するものなのであります!(呉)

※総合マンガ誌「キッチュ」復活号作品紹介選択ページへ※おにぎりとビール瓶




Category:キッチュ3・5復活号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「キッチュ」復活号掲載作品紹介:嗚呼青春!

2013.01.05 Sat
 小学生のころ、映画やドラマでキスシーンが出てくるとまず恥ずかしく目をそらしてしまう、しかしながら誰もいない時に鏡でキスの練習をしたっけ…

手に入れた!

 この経験は、いわゆる青春期…と言ったところでしょうか、「好き」という気持ちを手探りで感じたり、表現したりしたものです。

 しかしマンガに描いたとき、誰が思い付くものでしょうか…

 『それはただの先輩のチンコ』という、新鋭作家阿部洋一さんの全10ページ短編作品……好きになった先輩が欲しい、全てじゃなくでも、一部でいい…そんな彼女が狙ったのは…

ギロチン

 『少女奇談まこら』『バニラスパイダー』『血潜り林檎と金魚鉢男』など強烈な作品を発表してきた阿部さんだが(「キッチュ」で作品を掲載された全ての作家にも言えることだが)その作品のあらゆる面に、やはり本人にしか描けない、本人にしか思いつかない、他人には真似できない要素が充満していると言えましょう。

 それにしても、誰もか通る青春の想いを、このような形の作品で表わす(本人にその狙いはあるかどうかは別にして)とは、来日して知り合って14年間の付き合いの私でさえも、ビックリであります!

 阿部ファンの方にはもちろん、初めての方にも是非、総合マンガ誌『キッチュ』復活号を手にとって、存分堪能していただきたいのであります!(呉)

※総合マンガ誌「キッチュ」復活号作品紹介選択ページへ※それはただの先輩のチンコ



Category:キッチュ3・5復活号 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。